2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017'03.31 (Fri)

願いも虚しく

ひたすら回復を願い、祈り続けていた友は、
残念ながら、旅立ってしまいました。

神の定められた時だった。
私たちは同じ信仰の中に居ます。
しばしの別れの後、また相まみえましょう。
いずれ私もそちらに行くのですから。
私のその時まで、しばしのお別れです。

・・・でも、そうは言っても淋しいし、
気を抜くと、涙が出てきそうです。

年度末、税理士さんが監査に来ていて、忙しいのも救いです。


思い出されるのは、3年前の昨日、3月30日です。
この日は私の洗礼式でした。
旅立ってしまった友人も、
サプライズでお祝いに駆けつけてくれたのでした。

2014年。たった3年前あんなに元気そうだったのに。
もっと会って、お話ししたかったけれど、それはしばらくお預けですね。
もう、痛みも苦しみも無い世界に居るのですね。
安らかに。



「天に一人を増しぬ」セラ・ストック

            家には一人を減じたり
            楽しきだんらんは敗れたり
            愛する顔 いつもの席に見えぬぞ悲しき
            さわれ
            天に一人を増しぬ
            清められ 救われ 全うされしもの一人を


            家には一人を減じたり
            帰るを迎うる声
            一つ見えずなりぬ
            行くを送る言葉
            一つ消えうせぬ
            別れることのたえてなき浜辺に
            一つの霊魂は上陸せり
            天に一人を増しぬ


            家には一人を減じたり
            門を入るにも
            死別の哀れにたえず
            内に入れば
            空しき席を見るも涙なり
            さわれ
            はるかかなたに われらの行くを待ちつつ
            天に一人を増しぬ











にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:14  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

長年の友達が旅立ちとても残念ですね。
そして、とても悲しいですね。
彼女は自分の親のところにいかれたのですね。


私は3月に私より若い男性の患者さんを亡くしました。
その人の奥さん、息子さんも薬をとりに来ていて、奥さんが旦那さんが亡くなったことを報告にきてくれました。


その患者さんは私が大学の卒研で動物実験をしていた方法を改良し治療をしていました。
そして、その方法が実用化されていると聞き感慨深いものがありました。



また、手術なんですよといいながらひょっこり来ていました。
そんな繰り返しだったのに、ご両親のもとに行ってしまいました。
バッチ | 2017年04月06日(木) 23:58 | URL | コメント編集

★Re: バツチさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。

友だちのお母さまは御存命で、葬儀に出席していらっしゃいました。
お母さまの心中を思うと、言葉にならないです。

死は本当に順不同。でも、そうは言っても、辛すぎるなぁ、と思いました。
親より長生き。友も辛かっただろうな、と思いました。

今を大切に生きたいですね。
jtstj | 2017年04月10日(月) 14:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1748-41fce0dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |