2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017'04.18 (Tue)

老いること

還暦で旅立ってしまった友人のことを思い出す。

会おうと思えば、いつでも会えるはずで、
また、お芝居を見たり、食事に行ったり、できるはず、
と根拠無く思いこんでいた私。
先日、こんにゃく座のオペラを見たのだけれど、
彼女と一緒にこんにゃく座のオペラを見た日の事が思い出され、
もう、一緒に見に来ることが出来ないのだ、と
しみじみ感じて、改めて淋しい! と思った。

ゴールデンウイークの前半は、
高齢の叔父や叔母を訪ねてみようと思う。
母方の従兄からは、子どものことも忘れちゃっているのだから、
誰だかわからないと思うけれど・・・とは言われたけれど
それも承知の上。
顔を見るだけで、良いと思う。
もっとお元気なうちに伺えば良かったのに・・・ごめんなさい。



「最上のわざ」 作者:ヘルマン・ホイヴェルス

この世の最上のわざは何か

楽しい心で年をとり
働きたいけれども休み
しゃべりたいけれども黙り
失望しそうな時に希望し
従順におのれの十字架をになう

若者が元気いっぱいで
神の道を歩むのを見てねたまず
人のために働くよりも
謙遜に人の世話になり
弱ってもはや人の為に役にたたずとも
親切で柔和であること

老いの重荷は神の賜物
古びた心で最後の磨きをかける
真のふるさとへ行くために
おのれをこの世につなぐくさりを
すこしずつはずしていくのは
まことにえらい仕事
こうして何も出来なくなれば
それを謙遜に承諾するのだ

神は最後に一番良い仕事を
残してくださる
それは祈りだ
手は何も出来ないけれど
最後まで合掌できる
愛の恵みを求めるために
すべてをなし終えたら
臨終の床に神の声を聞くだろう
来よ わが友よ 汝を見捨てじと



この詩を噛みしめます。
自分はどんな風に老いて行くのか。
60歳で旅立ってしまった友の歩めなかった道。
許される限り、しっかり歩きたい。














にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:16  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★終活

初めまして。

この詩大好きです。
今から20年以上も前、ホスピスボランティアをしていた時
ナースステーションの壁に飾ってありました。
それを見て、必死でノートに書き留めました。(笑)

60歳で旅立たれたお友達。辛いというか、この世につなぐ
くさりをはずしていく作業にとりかかれ、ということなのでしょうか?
私も60代後半ですが、終活に入ってると思っています。
今まで行ったこともなかった母方の方のお墓参り、済ませました。
つれづれ | 2017年04月19日(水) 13:47 | URL | コメント編集

★Re: 終活

コメント、有難うございます。
還暦は、終わりへの再スタートなのかもしれないですね。

自分が物忘れしているのに、私を除け者にした!なんて言い
人にお世話してもらっているのに、有難うではなくて、早く死にたい!なんて言ってしまう、
そんなお婆さんになりたくないと願うのです。あの詩にうたわれているように年をとりたいものです。

でも、生きて来たようにしか年をとれない、と聞いたことがあります。
終活につながる日々の生活を反省しつつ、積み重ねたいです。
jtstj | 2017年04月19日(水) 16:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1757-d174ad38

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |