2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017'05.08 (Mon)

いつもの日常へ

本日から、通常の仕事、生活に戻りました。

サークル活動も、研究室も無い、まさかの9連休を過ごした次男も
本日から、また新入社員生活です。
お休み中に、初月給でご馳走してくれるはずだったのですが、
ひらめいたそうで、今度の日曜、母の日も一緒に食事、
ということになりました。弟も誘ってくれたのですが、
弟は次男の懐具合を心配していました。
連休中に結婚式にも出席して、次男君はイロイロ物入りだったようです。
気持ちだけでも、嬉しいな、と思う私です。有難う。

三男は連休の後半、友達が連泊していました。
人数が、増えたり減ったりしながら、出かけて、帰って来ての繰り返し。
大学にも行っていたようです。
私たちと一緒に食事したり、柏餅も食べたりと、
息子が増えたみたいでした。社会人の子、後輩の大学生、同期の院生
そして、中高大と一緒だった友達などなど。
三男は、特別出かけたりもしませんでしたが、
実家のピザパーティーにも参加して、それなりに楽しんだようでした。

私ものんびりできました。
息子たちにも手がかからなくなったのです。
高校時代にお友達を泊める時には、それなりに責任も感じましたが
今はもう大人。騒ぐことも無いし、食事も出来る時だけ用意したので
負担にもなりませんでした。

DSC_0814a.jpg
ゴルフでは、ショートホールで嬉しいショットが出て、大満足でした。(でも、バーディーはとれませんでした。涙)

おまけは、ピザパーティーの時の赤ちゃんです。
baby.jpg

生後3ヶ月半の男の子。
ワイワイと賑やかな中でもグッスリ眠る大物ぶりでした。
神経質にしているヒマが無い、という姪っ子の子育ては大らかで好ましく感じました。
始めての赤ちゃんなのですが、なるべくご主人と二人で頑張ろうとしている様子でした。
廻りも過剰な手出し口出しはしないように気を付けているらしく、
慣れないながらも、ご主人はお父さんへと成長しているのを感じました。
起きている時は、ニコニコと機嫌が良い赤ちゃん。
私も抱っこさせてもらいました。懐かしい感触で、幸せでした。
健やかに育ちますように。


さあ、しっかりと、日常に戻りましょう。











にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:14  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

どっしりとした頑丈そうな赤ちゃんですね。


私の職場も今日が連休明け初日でした。
「久しぶりだから今日はみんな急がずゆっくり仕事しよう。」とウォーミングアップの日でした。

朝から京浜東北線が大幅に遅れていましたが、線路上の落とし物を拾ったり、数駅で急病人の救護をしたのが遅れた原因だったそうです。
そして、車掌さんが
「連休明け初日で具合が悪くなるお客様が多くいますが、早めに下車してベンチで休むか駅係員に告げてください。」なんてアナウンスしていました。


私は昨日薬局に出て、レセプトを送信したり今日の準備をしてあったので比較的混雑はありませんでした。
そして、今日から営業時刻を変更し、終わりが午後7時から午後6時になったのでかなり楽になりました。

私も連休でリフレッシュしたのでこれからまたはりきって仕事に臨めます。

バッチ | 2017年05月08日(月) 21:47 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

連休明けの京浜東北線はたいへんだったようですね。
お休みでリフレッシュしたのですから、また頑張ろうという気持ちになります。

私は、意識的に休むことをスケジュールに組み入れて生活しようと感じています。
もう、以前の様な頑張りはしてはいけないのだ、と感じたりします。必ず後で影響がありますから。
全てに余力を残す。全力で倒れるまで、と言われてきた体育会系には、難しい方向転換ですよね。
でも、夫も含めて、生活スタイルを変えていこうと思っています。

張り切って、感謝して、日々暮らします。
jtstj | 2017年05月09日(火) 16:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1768-90bfc2f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |