FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2009'04.06 (Mon)

桜・桜・桜

久し振りに夫に仕事の予定が入っていない日曜日。
買い出しや、母親訪問など、
週末のお決まり仕事の合間に上野に行きました。

P1020005_editedaaa.jpg
桜のきれいな通りを選んで車を走らせてくれたようです。
東京には桜のきれいな通りがたくさんありますねぇ。
乗ってるだけで、たくさんお花見ができました。

我が家の近くの桜の名所は、飛鳥山、それから石神井川沿いの遊歩道。

P1020009_editedbbb.jpg
すばらしい桜でした。

上野では、奏楽堂の日曜コンサートを聞きました。

P1020014_editedeee.jpg
これが奏楽堂の外観です。
入館料とコンサートで300円。これはとってもお得。お勧めです。

昨日は東京芸術大学大学院1年生の方のチェンバロの演奏でした。

P1020012_editedddd.jpg
16世紀から17世紀にかけてのバロック音楽。
聴く機会の少ない楽器。
余韻のある、その弦の響きに、豊な30分を堪能しました。

この若く美しい女性は音楽の女神に身も心もささげて精進しているのでしょう。
クラシカルな響きを聴きながら・・
哲学科で大学院、その先に行っても、職が無いから就職する、
という長男のことがチラと頭をよぎりました。

同級生の方たちも演奏を聴いていたようで、終演後は楽しそうに話していました。

若い、芸術家のみなさんに・・幸多かれと祈ります。

P1020008_editedccc.jpg


清水へ祇園をよぎる桜月夜 今宵逢ふ人みなうつくしき   与謝野晶子・みだれ髪

散るという飛翔のかたち花びらはふと微笑んで枝を離れる  俵 万智 『かぜのてのひら』

さくら花幾春かけて老いゆかん身に水流の音ひびくなり  馬場あき子『桜花伝承』



クローバー



15:30  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

春・桜・心明るくウキウキしてきますね。

石神井川の桜はとてもきれいですよね。
川沿いにずっと、ずっと続いて。

この時期あちらこちらで桜が咲いて、電車に乗っていても外の景色で桜を探してしまいます。
遠くからでもほんわり淡くピンクに膨らんだ桜を見つけると朝から元気が出てきます。

うちの庭の八重桜のつぼみがほころび始めました。
結婚したときの記念樹として植えました。

上の奏楽堂でそんなに安く素敵な音楽が聴けるとは知りませんでした。
私も行ってみます。

もうすぐ、 レッドクリフ  が公開ですね。
今、まだ、三国志の名将、参謀の言葉の本を読んでいるので、その本が参考になっています。
なにしろ名前を覚えるのに苦労し、昨日の敵が今日の友になったりしてしまうので整理しながら読まないと混乱してしまいます。
バッチ | 2009年04月08日(水) 10:39 | URL | コメント編集

★バッチさんへ

上野の日曜コンサートはお勧めだと思います。
子どもたちを連れて動物園へはよく出かけたのですが、
最近は展覧会とか別の楽しみがある街になりました。

石神井川の桜は散り始めも好きです。
川面に桜の花びらが一面に浮かび、ゆらゆらと
はかなげです。
花筏というのだそうですが、それをただただ眺める。

夫のお散歩情報によると、少しだけ散りはじめたということです。

バッチの読書は楽しそうね。
私は学習会の課題図書に追われています。
・・子どもに勉強しろ、と言うのなら、
自分も勉強しなければ、とは思っても・・なかなかに眠たい。

春眠暁を覚えず・・ですものね。

頑張ります。
jtstj | 2009年04月08日(水) 13:17 | URL | コメント編集

忙しくバタバタとしていて・・記事一気に読みました。
楽しい記事や・・お辛い記事も。

この記事にコメントを入れようと思ったのは、飛鳥山です。
懐かしい名前に思わず嬉しくなりました。
14歳まで飛鳥山の近くに住んでいて、よく友達と遊びに行ったものです。
当時はD51の機関車が公園内に置いてあって、よくよじ登ったり飛び降りたりしていました。

我が家の庭に数年前に植えた細い桜が事にも数個の花をつけてくれるのを楽しみに待っている今日この頃です。
凛りん | 2009年04月17日(金) 22:04 | URL | コメント編集

★凛りんさんへ

飛鳥山のそばに住んでいらした、ということは、第4学区ですね。
私は今も実家のあったところに住んでいるので、ずっと飛鳥山のそばです。
子供たちを連れてよく行きました。機関車は、今もありますよ。
息子たちもさんざん遊び、迷子にもなった公園です。
下二人の息子は王子にある学校に通っているので、
飛鳥山は彼らにとっても思い入れのある場所だと思います。

 凛さんのブログ、読ませていただいてはいましたが、
コメントなど残せずに失礼していました。
Sのことに一区切りつけて、お菓子でもつくろうか、と思っていた週末ですので、
凛さんのコメントがとても嬉しかったです。

有難うございます。そして・・本・・楽しみに待っています。
jtstj | 2009年04月18日(土) 10:03 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年04月18日(土) 10:40 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/180-99c819ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |