2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017'07.10 (Mon)

40年後の大学生

土曜日は、大学山岳部のOB総会がありました。
夫と二人で出席して、最後の懇親会まで、
土曜の勤務が終わって参加した方も居て、懐かしくも楽しい時間でした。

卒業して、40年近い時間が経ち、
その間ずっと後輩や山岳部と係ってきていたのですが、
今回は大学生や彼らを取り巻く環境の変化をまざまざと感じさせられました。

たくさんの1年生が入部してくれたのですが、
多数の学生が、茨城、栃木など、私たちの頃だったら下宿ではないか、
と思われる地域から、通学していました。
通学にかかる時間は往復で3時間以上にもなるらしく、
理系の我が母校では、実習などもあり、さぞかし大変だろうな、
と思われました。

授業料は親に出してもらえても、下宿代や生活費などを
奨学金とアルバイトでやりくりしている学生なども居て、
バイト代は登山道具と山へ行くお金、などと言っていた
私たちの頃とは経済事情も違うのだ、と思い知りました。

加えて、3年の春からは就活がはじまり、
これにも交通費とか、スーツとかのお金がかかるし、
時間だって取られます。

お金は無くても、時間はたっぷりある、などと言うのは
遠い昔の話なのかもしれません。
お金も時間もギリギリで、無駄や寄り道をする余裕が無いのです。

それでも、入部してくれた子たち。
サークル活動を楽しみたい、山に行きたい、そういう気持ちはあるのでしょう。
でも、活動報告や活動計画を見ると、山に行く日数は極端に少ないです。
ゴールデンウイークに1泊2日とか、夏山合宿で2泊3日とか。
皆のバイトの都合で全員が揃う事は、本当に困難なのでしょう。

私たちが経験したような、厳冬期の登山や
夏の北アルプスや南アルプスの全山縦走とか、
魅惑的な、どっぷり山に浸かりきったような生活を、部員みんなで協力してトライする。
彼らが経験できたらどんなにか豊だろう。

・・・でも、まずは学業。単位を取得して、卒業にこぎつけること。
その中で、できる範囲で登山を楽しんでもらいたい。
応援するよ!! そんな気持ちで帰って来ました。

頑張れ。

それにしても、日本の教育行政は、貧しい。怒









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
16:56  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1803-73fd210d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |