2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017'07.26 (Wed)

子どものいじめと国会答弁

いじめを苦にして自殺してしまう子どもたちの話を
テレビで目にするたびに、どうにかならないものか、
と胸が痛む。

クラスやグループの集団からターゲットにされて
攻撃され続けたら、どんな子どもだって
真っ当な精神状態では居られないだろう。

見て見ぬ振り。
誰も、やめようよ! という声を上げられない。
別の集団にも加えてもらえない。かかわりを持ってもらえない。
一人ぽつねんと耐えて過ごす時間。
やめてくれ。と声を上げる事も、困難なのかもしれない。
親には心配をかけたくないし
いじめている当事者たちには、もっとひどくなったら、
と考えるのかもしれない。



総理のご意向、親分、ボスのさじ加減で、
優遇されたり、袖にされたり。
違うじゃないか! と声をあげると、寄ってたかって仕返し?

事実を丁寧に説明する、という場でさえも、
言ってることが二転三転。覚えて無いとか勘違いとか、
そんな言葉の繰り返し。
慇懃な物言い。時が通り過ぎていくのを、待っていれば良い、
という魂胆なのか。

多様な考えを認め合い、自由に意見を述べ合える、
誰もが尊重され、安心して暮らせる社会。
共謀罪が成立した日本。国会答弁等を見ていると
この国の子どもたちがまっとうに育つのだろうか、と暗い気持ちになる。

子どもは、社会の写し鏡。
道徳教育などと言う前に、
大人は、この国のリーダーたちは、襟を正して反省すべきなのだ。

人は皆、平等。

日本国憲法の97条
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、
人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、
過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、
侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

改めて噛みしめる。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
18:05  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1812-bf9c7daf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |