FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017'09.07 (Thu)

心の基礎体力

年をとって、肉体的な体力が衰えるのは、なんとなく
想像していたことなのだけれど、
精神的なパワーまで衰えていくのだな、と最近思っている。
物忘れがひどくなる、とか会話のテンポについていけなくなる、
とか、そういう類の話ではなく、日々の生きていく姿勢が、
なんだか弱っちいな!! と感じてしまうのだ。

困難なことがあったら、昔なら立ち向かっていけた気がする。
根拠なく強気で、歯を食いしばって何とかしよう、と頑張った。
そうやって、やってきた結果が今なのだけれど、
今は、立ち向かうなどという気持ちは湧いて来ないのだ。

自分の力に寄り頼んだところで、何ができるというのだろう。
出来ることは限られている。
それをコツコツとこなしたら、どういう結末になろうとも、
それを受け入れるのみ。
目指すところと大きく食い違っていたとしても、
それがもたらされた結末ならば、きっとそれが最善なのだ。
そう思おう。


三男の後期の学費の請求書が届いた。
それを支払えば、我が家の学費は終わりになる。
子育て、という大きな責任からは身軽になれるのかもしれない。
うまくしたものだ。
もう思春期の頃の彼らに対峙したような精神力は残っていないのだ。
でも、親は親。
祈りつつ、見守りつつ、受け入れる。
そして、きっと大丈夫。道は開けるから、と励まそう。
闘うのは彼らの仕事。

役割が変わったのだ、と感じる秋







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:48  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

教育費とはお金がかかるものです。
あまりかけずに子供を育てることもできますが、本人の希望をかなえてあげようと思うと、金額がかさんできてしまいます。


それがなくなると思えば働く意欲は減ると思いますよ。
自分が働く意義の内容が、年をとってきたら以前のようにがむしゃらに働かなくてもいいと思いますよ。


働く量を減らしても専務は人より多く働いていますから。


困難を感じることも、経験が少ない若いころと、いろいろ経験した現在とでは感じ方が違いますよ。




自分が努力してもどうにもならないこともあるし、何とかなると力を抜いたほうがうまくいったりすることも経験で学んできているので若いころとは生き方自体が変わっていると思います。
バッチ | 2017年09月09日(土) 13:51 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

働く量を減らしても、私が人より多く働いている・・・かどうかは疑問です。
お休みの日の私は、あれもしたい、これもしよう、と思うことは思うのですが、
いざ時間があると、平日の半分も動いていないと思います。
ゴルフ中継のとことん1番ホールなんていう番組をチラとでも見てしまうと、
もうやめよう、と思いながら、立ったまんま、リモコンの消すボタンに手をかけたまま、
全部見てしまったりして、まったくの情けない有様ですから・・・

仕事の理由というより、子どもの学費が終わる、というのは、責任から解放される、
という感じがします。やれやれ、漸くお役御免だ、みたいな気持ちになります。

遅ればせながら、私たちの親も私立理系の学費、いくら一番安かったとは言え、
たいへんだったのだな、と思ったりしています。順送りなのだな、と思っています。
jtstj | 2017年09月12日(火) 14:34 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1830-596ba15f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |