FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018'04.27 (Fri)

手術のこと

4月16日月曜日。朝一番、9時からの手術でした。
前日からの下剤、当日の浣腸を終え、手術着に着替えて準備完了です。
8時半までには夫も病室に来ていました。
看護婦さんと夫と一緒に歩いて手術室へ。

地下の手術室はステンレスの自動ドアで仕切られていて、
夫はその前の家族控室へ行くのです。
そこでバイバイ、と挨拶して私は手術室へ向かいました。
家族控室・・・父の手術の時は、私があそこで待っていたんだな、
と昔のことを思い出しました。

月曜の朝一の手術場は活気みなぎる、にぎやかさ。
たくさんの患者さんが待機していました。
私も案内された椅子に腰かけ、帽子をかぶったり
リストバンドの確認をしたり、麻酔科の先生とお話したり。
大きな手術室で廊下の両側にたくさんの手術室が並んでいました。
私が手術を受けたのは3番の手術室。けっこう廊下を歩きました。
大昔の手術場の記憶がよみがえり、ちょっと懐かしい。
硬膜外麻酔をして、点滴が始まって、それからは、もう記憶がありません。

16日の記憶はこのあと、病室で目が覚めたことです。
時間の感覚がなかったのですが、後で聞いたところ
手術が終わったのは14時。酸素マスクが取れて、夫が帰る事にしたのは
夕方5時だったそうです。

麻酔から覚めた瞬間の感覚は、体が軽くなって
嬉しかったのを覚えています。
もう、悪いものは全部取ってしまったのだから、良かった!!
そういう気持ちだったのです。

痛みが来たら、追加できる麻酔のポンプのボタンと
ナースコールを握りしめて、16日は少し辛い夜を過ごしました。
それでも、途中はうとうとと眠ることも出来ていました。
お水が飲めないけれど、うがいはさせていただきました。
すごくお水が飲みたかった夜でもありました。

体への負担は、今回の方が格段に大きくて、やっぱり辛かったです。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:33  |  病気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1948-b1522531

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |