2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018'04.30 (Mon)

2018年3月・・・どんな1カ月だったかというと

3月のスケジュールを見直してみると、予定がびっしりでした。

夫の誕生日には二人で食事しました。
今後の生活や私の病気に付いて、ちゃんと話したかったのです。
転機になることには間違いないけれど、きっと良い結果になる。
二人でそんなことを話し、しばらく外食できないから、
と夫はお勧めのワインも開けてくれました。
余れば持ち帰れるし、と太っ腹。私も調子に乗りました。

会社は3月が決算です。年度末の作業に加えて、
今年は会社のパソコンを更新することにしていたので、そちらも予定通り進めました。
さらに入院中の仕事の段取りもあります。
日中は余計な事を考える間もなくガンガン仕事をしていました。

また今年の3月は親しい方たちのお見送りも多かったのでした。
山岳部の先輩。Sさんのお母さま。そして私の大学の仲良し。
大学時代の仲良しは、同じ頃に乳癌の手術を受けていたので、
残念で悲しくてたまりませんでした。
私は生かされて、彼女は旅立ってしまった。でも私はまた癌だよ。
死する事と生かされる事、否が応にも考えさせられました。
・・・私の終わりのその時まで、私なりに頑張るよ。
そんなふうに語りかけ、お別れしてきました。

また3月は喜びを感じることもたくさん用意されていた月でした。
孫のお宮参り、三男の学位授与式。
夫と私の命はつながっている、そんなふうに感じて幸せでした。
諸々のお祝いや激励の気持ちを込めて、勤務先の寮に入る直前に
家族全員が集まって食事会もすることができました。
そして、長男がミャンマーから帰任することが決まり、4月に帰国することになりました。
手術と帰国。4月も忙しそうでした。

たくさんの友人が、心から励まして下さいました。
ひとつひとつを思うと、有難さが身にしみます。
ほんのり泣きそうになりながら、元気に成ろう!!と決意も新たにできました。

ゴルフも最後にホームコースでラウンドすることができました。
桜が舞ってて、本当に綺麗なコースでのラウンドでした。

たくさんの人に応援していただいて、温かい気持ちで、過ごせました。
落ち着いて仕事や日常生活をこなすことができ、
入院手術の準備もすることができました。
今思うと、有難く幸せなことでした。
・・・その時は、あまりの忙しさ、慌ただしさにどうなることか、
と思ったりもしましたが、忙しさ、というのも救いなのだと感じます。
目の前の事に集中して、余計なことは考えずにすみましたから。
そして、三人の息子たちに対しても、私が思うより、
ずっとしっかりしているのを実感することもできました。
ちゃんと育ったではないか。
そんなふうに安堵することもできました。

怒涛の3月は、忙しく、辛いこともあったけれど、
幸せも感じることが出来た3月でした。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:58  |  病気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1951-b717f777

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |