2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018'05.01 (Tue)

今年の4月は・・・

5月になりました。
1月の乳癌後の定期健診から始まった今回のことも、
これで一応、一区切りにしようと思います。

入院までの日々は、それこそ仕事に追いまくられていました。
月末の支払いにもかかるし、給料日もあります。
順調に退院できれば良いけれど、予後が悪くて長引くことだって
充分に考えられます。優先順位をつけて、出来る限りの準備をしました。

入院してしまえば、ジタバタしても仕方ありません。
手術から退院までの時間は、日常とは全く別の24時間のように感じました。
退院して、ボツボツ仕事はしていますが、
家族に(特に夫に)たくさん手伝ってもらっています。
日に日に回復しているのも実感できて、痛みも薄らいでいます。
今のところリンパ浮腫も無く、傷もきれいだし、
外来まで、もう一息、と思っています。

病理検査の結果、追加で抗癌剤や放射線をすることになるのか、
外来の時にはっきりします。
どうなるのかは、神のみぞ知ること。
今は、回復してくる嬉しさを噛みしめながら、
感謝して日常を過ごして行きたいです。



入院中、デイルームでお話した方は、抗癌剤治療をされている方でした。
治療と治療の合い間に外出されて、夜に病院にもどられるのだとか。
彼女は一人暮らしで、犬を飼っているそうです。
ご近所の仲良しに、犬の散歩など世話を頼んで入院したのだけれど、
夜中に犬が吠えて泣きやまず、どなたかが警察を呼んだのだそうです。
彼女の体調がすぐれないのをご存知だった方らしく、あまりに犬が吠えるので
もしかしたら家の中で倒れてしまったのではないか。
泥棒にでも入られたのではないか・・・とご近所は騒然としてしまったのだとか。
警察から連絡があり、彼女は犬のために無理やり外出していたようです。
老犬だけど、どうしたら良いだろう。
犬を残して死ねないし、犬の殺処分なんてとても出来ないし。
子犬なら、飼い主もみつかるかもしれないけれど・・・

退院したら、終活しようと思っていたけれど、
犬のことはどうしていいかわからない。
・・・彼女の胸の痛みに掛ける言葉もみつかりませんでした。

終活。
私は家族に甘えていたけれど、ハタと考えさせられました。

より良く、うれい無く生きる為に必要な事。
思いも新たにした4月でした。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:10  |  病気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1952-0c3bef22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |