FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2018'06.25 (Mon)

お金の話し

風邪は、少しだけ楽になりました。
今週中には完全復活できそうです。
そんな中、金、土と長男が二泊していきました。
彼の場合、残業や宴席などで、自宅に帰れない時に
我が家で宿泊になるので、基本的に夕食の準備は不要ですが、
やはり朝は何か食べさせたいと思って準備しています。
金曜日は宴会で、土曜日も出社して、帰宅したのは終電のようでした。


ところで、私は知人から聞いたあることが気になっていました。
嫁いだお姉さんと、ご両親と同居している妹さんのお金にまつわる話しです。
妹さんは、生活費としてご両親にお金をお渡ししているのですが、
実家にたびたび現れる、お姉さんは、ご実家で羽を伸ばし、
ごちそうになり、さらに帰る時には冷蔵庫や贈答品など
ごっそりと持ち帰ってしまうのだそうです。
生活費を入れている妹さんとしては良い気持ちはしないわけで、
母親は、姉妹の仲が悪くならないか、と心配し、
どうするのが良いのか心を痛めているのだそうです。

ふと、我が家の事を考えてみました。
社会人の務め、として次男からは生活費を徴収しているのですが、
4月に帰国して以降、長男からは、生活費の徴収をしていないのです。
次男は何にも言わないので、気にもしなかったのですが、
先日、次男用に準備しておいた夜食を長男が食べてしまったことがありました。
兄ちゃんが、全部食べちゃったみたい。
兄ちゃんが家に泊る時は、僕にも知らせて・・・なんて言っていました。
長男だって悪気はないのでしょうし、次男もだからと言って文句を言うわけでもないのですが、ちょっと気になりました。

それで、昨日長男に話してみました。
そしたらすんなりと、弟に配慮しなくちゃな。金額を決めてくれればそれを払います。
ということになり、一泊千円と決めて、六月分から徴収することにしました。
一万円渡されて、多い分はデポジットです。

夜、次男に
お兄ちゃんが泊った時は、こんど一泊千円にしたからね。
と話してみたのですが、
そうなの。でも三男が友達連れてきたり、泊ったりはタダだったら
兄ちゃん、可哀想じゃない?
と言う反応でした。

三男か・・・悩ましい。
兄弟が仲良くしてくれていれば、母はどうでも良いのだけれど、
でも、帰省とビジネスホテル利用とでは、
ちとニュアンスが違うような気もしています。

平等に、というのはけっこう難しいです。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

09:12  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

風邪が快方に向かっていてよかったです。
まず、自分の体を優先してね。


そうですね。
成人すると子供もそれぞれ状況が変わり平等ということはどういうことか考えることがありますね。


長男君は借り上げ社宅で職場から遠いのですか?
実家に泊まることが増えるとお嫁さんは気にならないでしょうか?
でも、結婚も色々な形があるのですね。
バッチ | 2018年06月25日(月) 13:43 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

社宅はちょっと遠いのです。それに小学校から大学まで、異様に近所ばかりだったので
息子にとっては人生始めての経験なのだと思います。どうにか工夫して乗り切ってもらいたいです。
息子の会社、というか部署では会社のそばのカプセルホテルに泊ったり、会社でごろ寝なんて人も居たらしく、
1週間分の下着とワイシャツなどを持って月曜に出社する、というのを聞いた事があるのですが、
本当のところはどうなのかしら? お嫁さんは可哀想に思うのだけれど、終電を逃してタクシーやビジネスホテル、
と考えれば、我が家の方が安心してくれるのでは、と思っていますが・・・
それに、息子はしょっちゅう海外出張があるようです。もうじきアフリカです。
アフリカ、一度行くと3カ月くらいはザラでした。今度はどうなのかしら。
なかなか息子にとっても家族にとっても苛酷です。
ただ、どこに居ても、良く連絡はとりあっているようです。
jtstj | 2018年06月25日(月) 15:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1985-4a798d61

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |