FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2018'12.18 (Tue)

受け入れる

山岳ガイドの研修に参加している夫ですが、
先日来、なんとなく足を引きずるような感じでした。
ご近所の整形外科を受診し、MRIの検査をしたら、
結果は、半月板損傷、ということでした。

手術をするかしないか。するとしたらどういう方法にするか等々
紹介された別の病院に行って、説明を受け、方針を決めなければなりません。

膝の手術、というと弟の骨切り手術を思い出します。
夫と弟と病気は違うのですが、やっぱり術後の状態が気にかかります。
弟は、痛みは無くなったようですが、完治とは言い難い気がします。
夫はどうなるのか。
私としては、登山はできなくても、ゴルフはできるように、
と思うのです。年齢を考えても、欲張らない。
でも夫はゴルフも登山も、と欲張っています。

最終的には、夫が決めることだけれど、
願った通りの結果になるとは限りません。

私は、最悪の場合も考えて、決めたいと思い、
夫は、最善の結果しか考えないから、欲張って決めると言います。

どういうことになっていくのか、ちょっと心配です。

今は、痛みも無くなって、普通に歩いているように見えます。
先生からは、運動は一切禁止、とは言われなかったそうで、
登山が無理ならお正月休みはゴルフに行こう、と言っています。

行きたいけれど・・・良いのかな? と思う私。

本人は、変な風に力が入れられないから、
逆に良いスコアが出るかもしれない、などと、あくまでも前向き。


どんなことも、自分の願った通りになるとは限りません。
それに、自分の願っていることが、最善だとも言えない気がします。
あるがままを受け入れられる自分でありたいです。
夫はどうなのか。
努力と根性ではどうにもならないこともあるのだ、
と受け入れられる心持ちで居てほしいと願います。

それにしても、人が手術を受ける、
というのを平静な気持ちで居ることは難しいですね。
痛い思いをするのは忍びない。
私は自分が手術を受け、入院している方が
よっぽど気が楽なように感じます。

だんだん、病院と仲良しになりますね。
それも、老いるということ。受け入れましょう。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







16:46  |  病気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/2061-2b522a06

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |