FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2009'06.23 (Tue)

OPEN HOUSEのご案内

大泉学園で施工をした住宅が竣工します。
設計事務所からOPEN HOUSEのご案内をいただきました。
以下、その案内の抜粋です。

ima.jpg

子世帯3人+親世帯1人の、コンパクトな2世帯住宅です。

クライアントのご好意により、
OPEN HOUSE が出来ることになりましたのでご案内します。
敷地が風致地区内にあり、北側が公園に面しているので、
2階からは公園と広い空が見渡せます。
比較的ローコストな住宅ですが、
明るく楽しい家になったと思います。

日時:6月27日(土)10:30~16:00

見学をご希望の方は、お申し込み下さい。
mail kanri@threef.co.jp です。
詳しい、地図や住所をお知らせします。


風致地区内、ということは、環境と引き換えに、
厳しい条件が課せられる、ということです。

設計の増岡徹設計室さんが、コストや、厳しい条件をどんなふうにクリアして、
気持ちのいい住宅を設計されたのか、とても楽しみにしています。

桜並木の家のオープンハウスにおじゃました時は、他の工務店が施工した建物でした。

今回は我が社の施工。
楽しみだ~なんて私は呑気にしていますが、監督はラストスパートです。
あと一息です。
(裏方もお引き渡しの書類や取扱説明書などの準備、大詰めです。)

ご覧いただけたら、嬉しいです。

このOPEN HOUSEのご案内はこちらのブログYALIN noteにも掲載されています。

クローバー




テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

16:31  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

新しいおうち。
いいなぁぁぁぁ。

こんなところに住む予定だったんだけどなぁぁ(夢の中での予定)。
憧れます。

あたらしいおうちの写真を見ては、想像・・・妄想が広がります☆★
もっさんみいこ | 2009年06月25日(木) 08:33 | URL | コメント編集

★もっさん さんへ

> 新しいおうち。
> いいなぁぁぁぁ。

本当にいいですよね。
私は今でも、竣工したお宅を見学するたびに、
自分がそこで暮らしている姿なんかを想像しちゃいます。

いや、図面の段階から、そこの住人気分だったりして。

家づくりの楽しいところです。

> あたらしいおうちの写真を見ては、想像・・・妄想が広がります☆★

いつか、現実に、もっさんさんご家族の生活によりそってくれる
良い出会いがあって、本当に家づくりができるといいですね。
応援しています。
jtstj | 2009年06月25日(木) 09:30 | URL | コメント編集

★お世話になりました。

増岡です。
お陰さまで、とても気持ちの好い家が出来上がりました。スリーエフを始め、工事関係者の皆さま、ありがとうございました!
オープンハウスでも、みんさんに好評をいただき、今後の仕事に繋がりそうなお話しもチラホラ。
また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
mas-an | 2009年06月29日(月) 09:13 | URL | コメント編集

★Re: お世話になりました。

こちらこそ、有難うございました。

桜並木の家と大泉、両方見学せていただいて、
どちらのお宅も、風や光が気持ち良く、また動線も工夫されていて、
とても使いやすい、住みやすいお宅なのだろうな、と思いました。

至らないことも多々あったかと思いますが、担当者ともども、無事に
お引き渡しができたことを感謝しております。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
jtstj | 2009年06月29日(月) 09:58 | URL | コメント編集

先日、庭園美術館で「女帝エカテリーナⅡ世の四大ディナー食器展」をみてきました。

旧あさかの宮邸が美術館になっていて、立派な邸宅でした。

食器も立派でしたが、建物も立派で、建物のデザインにも興味を持ってみてきました。(このブログを読んでいるからだと思います)

その前の週は江戸東京博物館に「手塚治虫展」を見に行きました。

時代とともに住む家も随分変わってきているなと一人感慨にふけっていました。
バッチ | 2009年06月29日(月) 12:43 | URL | コメント編集

★バツチさんへ

私もこの仕事を手伝うようになって、建物を見るという楽しみが増えました。
建物も時代によって変わります。
古くなって、色褪せて価値を失うものと、古くなることで味わいを増し、
その美しさを増していくものと、あるような気がします。
素材とか、職人さんの技が物を言うのだと思っています。

古民家リサイクル協会に加入していますが、そこでの仕事も
古い民家が現代によみがえり、素晴らしいものが多いと思います。

竣工した建物を見せていただくのも、私はそういう意味で大好きです。
jtstj | 2009年06月30日(火) 10:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/215-599f6784

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |