FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2019'10.02 (Wed)

終わりが見えてくると

老境に入りつつある夫と私。
終わりが見えてきて、衰えを実感することが間々ある。
そしていつまでこの程度の状態で居られるのか、ということが気になる。
若返れないのだから、せめて現状維持。
少しでも良い状態をキープして、毎日を生活したいと願い、
やってみたい事は、先延ばしせずにどんどんやってみよう、と思ってもいる。

まずは仕事の無い日常を生きてみたい。
朝起きた時から寝るまで、24時間が私の時間。
憧れる。

次は自宅のリフォーム。
これはちょっと強硬に主張した。
面倒くさかったのか、自分で設計したのでこだわりがあるのか、
夫は私の意向をあまり汲んでくれなかったけれど、
別の設計の先生を頼む。なんて言ったりしたら
結局は、ずっと譲歩して、考えてくれている。
終の棲家だもの。妥協したくないのだ。

私は旅行とかゴルフとか遊びのしたい事もまだまだあるけれど、
夫はただ一つ、山岳ガイドになることに
全精力を注ぎこんでいるように見える。
平日の座学に始まり、実地訓練も受け、自主トレもして、
補講にも出て、と超真面目で真剣。
あの姿を見ていると思うのだ。
きっと夫が人生で一番やりたかった仕事、やりたいことは
登山だったのだろうなぁ、と。
建築よりも山登り。そうかもしれない。
夫もまた残り時間を意識して、人生を取り戻したいのだろうか。


あれもしよう、これもしよう。
あそこに行こう。ここも行こう。
あれを食べに行って、この舞台を見て、旅行にも行こう・・・
と妄想は果てしなく、時間と競争しているようだとも思う。

でも、だからと言って、今までの生活が
不満足だったという訳では決してないのだ。
夫と私、二人にしては出来過ぎではないか。

欲望は果てしない。

欲張ってはいけない。
足るを知ることだ。
別の人生なんてありえないのだから。

ふと我に返って思ったりする、夏日の10月。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









17:55  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

終の棲家。


私の妹もそんなことを言って数年前にマンションを買いました。
ようやく自分の居場所を作ったと喜んでいました。

そこには時々行っていて、きょうだい集まって泊まったりしていました。
今は妹が飼っている犬が年をとり外泊できないのでそのマンションできょうだいが集まることはなくなってしまいました。
バッチ | 2019年10月03日(木) 16:02 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

二人で暮らすにはもっとコンパクトでも良いのかもしれないけれど、
とりあえず使いやすくリフォームすることになりました。

ここにこぎつけただけでも、大いなる前進です。
年明けにスタートするはずの工事を楽しみにしているところです。
jtstj | 2019年10月04日(金) 14:54 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/2178-6f2617a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |