FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2009'07.30 (Thu)

自転車

夏休みになり、通学定期の切れている息子たち。
移動手段はもっぱら各々の自転車です。

ことの発端は三男。
部活に行くのに、次男の自転車を利用。
次男の自転車の方が乗りやすいのだとか。
路上駐輪をしていたらしい。 コラッ!
帰る時には、その辺に駐輪していた自転車ごと、撤去。

そこで、予備校に行くのに困った次男は、長男の自転車を利用。
コンビニでほんの少しの時間買い物している時に、今度は盗難。

次男の予備校は池袋。歩いても行けるのだけれど、
今度は、三男の自転車で予備校へ。
そしたら、またまた、池袋で盗難にあった。今度は予備校のそばらしい。
どんなふうに駐輪していたの?

短期間のうちに、3台とも自転車がなくなった。
撤去自転車を取りに行く費用は4000円。

夫が、息子たちに話をしていました。
そもそも駐輪のルールを守らないからだ。
4000円は立て替えるけれどお小遣いから弁済するように。
カギを2個か3個使うのがめんどうなら、自転車は利用しない・・

息子たち
そもそも、三男が撤去されるからだ、
いや、2台も盗まれる次男が最も悪い、
前向きに考えて、相当ボロだったから新品にしよう、
など、勝手なことを言いはじめる。

反省が足りない、と怒る夫。
自転車は買わない。次男には予備校まで歩いていけ。
三男には、部活があるのだから定期を買え。
という話になったのだけれど、息子たちもなかなか同意しません。

部活から予備校へは自転車がいい。
いや、ルールが守れないなら乗る資格が無い。
とってきた自転車は誰が使うのか。当然、僕だよ。と長男。
いやだ。4000円負担するのだから、僕が使う。
どうしても譲らない三男。

だんだん話はエスカレートし、混迷を極め、声は大きくなり、
ついに、
定期を買うか、学校を辞めるかだ!! というところまで。
じゃあ、学校なんて辞めてやる!!


ア~ ため息溜息です。
自転車は危ないし、歩くかバス。
台数が足りなくてちょうどいい・・と私は思っているのですが・・・。

その後、三男は定期代ちょうだい・・と申告し、
めでたく、自主退学もせずに、部活に出かけています。
ヤレヤレ。

でも、自転車バトル、また勃発しそうです。


MPj04075550000[1]aaa
こんな時代がなつかしいです。


クローバー




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:14  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>だんだん話はエスカレートし、混迷を極め、>声は大きくなり、
>ついに、
>定期を買うか、学校を辞めるかだ!! という>ところまで。
>じゃあ、学校なんて辞めてやる!!

傍観者としてニヤニヤして読みましたよ。
そんな子供らしいけんかもなつかしいですよ。
すごい、飛躍がおもしろいですよ。

先週、旅行に行っていて、山中湖→霧が峰→白馬→山中湖といってきました。

白馬のホテルグリーンプラザ(2回目ですが素敵なホテルです)でこのブルグを途中まで読みました。
度の強いコンタクトを入れたので、老眼のため読めずに続きを読むのを楽しみにしていました。

小学校の国語の教科書にのっていた「クロヨンダム」に行ってきました。

人間・男の勇気と執念と使命感の結晶だと思いました。
水しぶきと泥にまみれながらも突き進む底力は男の仕事そのもので、女性にはかなわない所業だと感じました。

「剣岳」の地図つくりも然り。

白馬の20キロ位南の「豊科」から長野自動車道に入り、中央高速の河口湖まで高速料金は1000円(日曜でしたので)、東富士五湖道路山中湖まで260円で高速料金はかなり安くすみました。

自民党の政策でこの値段でできるのでしたら、民主党の高速料金無料化も実現不可能ではないかもしれませんね。

首都高は補修にお金がかかりそうなので、それ以外の高速料金無料になったら物流コストが下がり、その他の業者の経費が下がり物価も下がるかもしれませんね。

小泉さんが「自民党をぶっつぶす」といっていましたが、本当に自民党をぶっつぶすのは麻生さんかもしれませんね。
 | 2009年08月04日(火) 10:00 | URL | コメント編集

すみません、コメント書いた時に名前を入れるのを忘れてしまいました。

クロヨンダムについて書いたのは私、バッチです。
バッチ | 2009年08月05日(水) 15:25 | URL | コメント編集

★バッチさんへ

> 傍観者としてニヤニヤして読みましたよ。

そんな、呑気な状況ではなかったのよ。
けっこう真剣モードでやりあっていましたから。

黒四ダムは放水していましたか?
黒部の源流は歩けるのです。十字峡、S字峡・・・
本当に学生時代の思い出の場所です。

jtstj | 2009年08月06日(木) 10:27 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/230-98c57ff7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |