FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2009'10.15 (Thu)

ファイル1冊

インフルエンザ予防接種のお知らせ。
施設からの請求書。
年金のお知らせ。

母に関する諸々は、1冊のファイルにまとまっている。
お金のことから健康診断、友達のことまで、
母の一切合切は、たったのファィル1冊。
全て納まってしまっている。

母の小学校時代の幼馴染の方から、面会のお申し入れをいただいた。
有り難い、と思う反面躊躇もしてしまう。

母が築いてきた、母という人間のイメージ。
それを崩さずに面会していただくことは、もはやかなわない。
混乱し、自分が何者であるかも、わからなくなってしまった現実。
老いとはそういうものだから・・ありのままに面会していただくか、
それとも、かつてのイメージのままでとどまって、
そうっと・・フェイドアウトしていくのが良いことなのか・・。

自分ならどうだろう、と問うてみる。
どんなに情けない姿であったとしても、
私という人間が精一杯生きた、最終盤の姿であるならば・・
会いに来てほしい。今は、そう思う。
それも私の人生、命のありようなのだから・・

がしかし、ここでハタと気づく。
私が想定しているのは、本当に親しい友たちの顔なのだ。

母の親友とは誰なのだろう。
母はどう思っているのだろう。
今更ながら、知らないことがたくさんあるものだ・・

kabocha.jpg

・・・決して、ファィル1冊などにおさまるはずがない。
母の生きてきた道のり。

返事の手紙が書けず、時間が経っていきます。


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:51  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/260-41fc51f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |