FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2009'12.01 (Tue)

12月です

12月ですね。

師走という慌ただしい響きとは別に、クリスマスの月でもあります。

中学生のころ、英語や英会話の勉強がしたくて、教会に通っていました。
シェリーさんという若くて美しい先生を姉のように慕って
いつも一緒。くっついていました。
ケーキやクッキーの作り方からスラングの歌まで、いろいろ教えてもらいました。
そしてこの季節、アドベントカレンダーをつくり、ツリーの飾り付けをして・・
ワクワクと浮たつような心持だった、なつかしい、クリスマスシーズンです。

christmas1.jpg


今は・・・だいぶ趣が変わり、過ぎた1年を振り返り、新しい年に思いを致す、
そんな季節になりました。

年老いて、弱ってしまった夫の母、
そして私の母のために静かに祈ること。

体調を崩したり、困難に直面している近しい人たちのために、心から祈ること。

欠点の多い自分のことを振り返ること。
長年、心にひっかかっている事や、時々うずきだす古傷。
まわりのいろいろな人に心配をかけていることも多々ある。

こうした自分さえも許されて今ここに居るように、
私も許すことはできないものか。受け入れることができないものか。
傷ついた心が癒える日はいつかは訪れるのだろうか。

そしてまた、微々たる力ではあっても、私を必要としてくれる人のために、
良い働きができますように、と祈ること。

自省と祈りの時間を持ちながら、クリスマスを迎えたい、
と思う12月のはじめの日です。


クローバー


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:11  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>中学生のころ、英語や英会話の勉強がしたくて、教会に通っていました。

この発想すごいです。
何事にも積極的だったのですね。

キリスト教にとっては復活祭の方が重要なようですが、クリスマスは寒い冬を楽しく過ごす知恵ですね。

今日はなかなか詩的な文章ですね。


バッチ | 2009年12月02日(水) 14:49 | URL | コメント編集

★バッチさんへ

自分の考え、というより偶然です。
家の近くに教会があり、そこの英語教室に通い、
もっといろいろ知りたくなったら、父親が
教会のサンデースクールとか、イースターとかいろいろな行事に出てみたら・・
なんて言ってくれたのです。それで、ずいぶんシェリーとも、親しくなったのです。

今も、その教会の前を通ると、英語の勉強をして、シェリーの通っていた
UCLAに行きたいな・・なんて思っていた大昔のことが思い出されます。

でも、進路変更しなければ、バッチさんにも会えなかったわけで
・・・不思議なものだな、とも思います。
jtstj | 2009年12月02日(水) 16:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/286-6676185b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |