FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2010'08.24 (Tue)

仕事で知り合った人

仕事を通して、ずいぶんたくさんの人と知り合いました。
本日は、その中の保険屋さんのことを。

彼は、どこかの保険会社の商品を売り込む、
と言うのではなく、知識を駆使してベストチョイスをして下さる、
そんな保険屋さんです。
私も夫も全幅の信頼を置き、会社で掛ける保険から、我が家の保険まで、
全部をお願いしています。
会社の規模。子どもの成長。その時々に過不足なく見直しをし、
保険料の節約もしていただき、大助かりをしています。

そんな彼に先日、長男のことでお願いをしました。
社会人になったのだから、自分でライフプランを考え、
保険や貯蓄もしっかりやりなさい、と言ってみたのですが・・・息子の耳には届かず。
最終的にウザイ。しつこい。と言われて終わり。
それで、チャンスがあったら息子にきちんとお金の話をしてやって下さい。
とお願いしたのです。
いただいた返信には、こんなふうに書かれていました。

「是非とも、お会いしてお話できれば良いのですが・・・
現実的には私自身、倅(大学3年生)への、教育的指導も出来ていないのが、
お恥ずかしい現状でもあります。
先日妻が10日間ほど入院したのですが、とうとう下宿先から見舞いに来る事もありま
せんでした。 まぁ、人の道を外さない限り、放任(彼に任せる)で行くしかないと
腹をくくっております。」

母親が入院しているのに、お見舞いにも来ないなんて。
どこの家の息子もしょうがないなぁ・・
同じ親の立場で共感し、同病相哀れむ、みたいな気持ちにもなりました。

後日、会社にいらした時、奥様の病気が話題になりました。

自分には、何にもしてあげられることが無いけれど、
仕事でいろいろな所へ行った時、お参りできるところがあれば、
必ず立ち寄って、妻が早く元気になるように祈ってくる。
病み上がりだからと言って、特別なことをするわけではないけれど、
改めて普通に暮らすって、どうするのだ、と考えてしまった。
そんな風におっしゃっていました。

P1050432_editedyuri.jpg
クルマユリ

心から心配し、奥様の事を想っていらっしゃるのが伝わります。
何にもしてあげられる事が無いなんてことはありません。
心配し、元気になってほしい、と祈ってくれる愛情が、
病に打ち勝つ力、支えになるのです。

病気や事故は不幸なことだけれど、せめて保険で経済的な助けになるように。
保険とは温かいもの。
そんな気持ちもしてきました。

奥様が早く元気になられますように。
そして、お互いの息子たちがちゃんと育ってくれますように。
私も祈っています。



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:26  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

私は母子家庭の経験があるので、子供もカバーする生命保険に入っていました。

18歳以降は子供が自分で入ることになるのですが、まだ学生だったのでそのまま継続して私が払っています。

働くようになったら、継続して本人が払うことにしています。

若い方が掛け金が安いし、貯金して年取ってから年金のようにもらうこともできるので、いつのまにか子供でも保険に入る流れになっていました。

10年ぐらい前にアメリカに住んでいる時にアメリカ人の女性に英語を教えてもらっていたのですが(日本語ぺらぺら)、アメリカにも年金はあるが、少ないので自分で貯金しないと老後足りなくなると言っていました。


保険は心のゆとりですよね。
バッチ | 2010年08月30日(月) 11:39 | URL | コメント編集

★Re: タイトルなし

心のゆとりであると同時に、本当に心強い備えでもありますよね。

安心を担保するのに、経済的なことは大切です。
信頼できるプロに気軽に相談できるので、
会社も我が家も、とても助かっています。
jtstj | 2010年08月30日(月) 13:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/396-547a78ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |