FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2010'10.12 (Tue)

お別れ

連休中に、身内の不幸があり、夫の実家に帰っていました。

あれやこれや、怒涛のように時間が流れ、儀式は滞りなく進んでいきました。

お通夜の席で語られる、故人についての話題から、
また新たな一面を発見したような気がしました。
生きてきた年月と、かかわりあった人たちが、重層的に織りなす
故人の人となり。

ゆっくりと寂しくなるような気がしています。


光りつつ 秋空高く 消えにけり -永井隆


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:48  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★No title

>お通夜の席で語られる、故人についての話題か>ら、
>また新たな一面を発見したような気がしまし
>た。


そうですね。
自分が知らなかった交友関係を知ると、新しい一面を発見したりすると、
色々な人に慕われて幸せな人生だったなと思ったりします。
秋、紅葉の季節の他界だったのですね。
お悔やみ申し上げます。



私はこの連休に日本薬剤師会主催の学術大会で長野市に行って来ました。
今回は1万人ぐらい集まったそうです。
毎年この時期に、毎年違う都道府県であります。
職場が変わってからは一人で一泊で行きます。

一人で来ている人も大勢いて、ホテルの朝食時に相席した人は大分から来ていました。
以前、専務のお母さんの老人施設で女性は初対面でもすぐに会話がはずむが、男性はひとりで会話することなく食事をするとブログで読みましたが、老人になる前からそんな習性があるなと納得してしまいました。


今年の特別講演は「毛利 衛」さんでした。
地上300キロM以上を宇宙というと言っていたように思いますが、私自身が体験できないことをした人からの話はとても興味を惹かれました。


来年は宮城県であります。
バッチ | 2010年10月13日(水) 12:04 | URL | コメント編集

★バッチ

温かい言葉、ありがとうございます。
周囲はある程度覚悟はしていたのだと思います。
でも、あっけないという気持ちはぬぐえません。


薬剤師会の学術大会か・・・。
今は昔。私には遠い話題になってしまいました。
秋は学会の季節でもありましたね。そういえば。
食欲の秋しか思い浮かばない私。恥v-16

フレンドリーで自分から話しかけたり、友達をつくれる人は、
高齢になっても人気者だと思います。
高齢者施設は、断然おばあさんの方が多いので、
そういうおじいさんは、モテモテです。

読書の秋とスポーツの秋、少し頑張ります。
jtstj | 2010年10月13日(水) 14:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/415-f48b3115

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |