FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2010'10.22 (Fri)

今週のまとめ

外出することの多い1週間でした。

月曜はパナソニック電工の汐留東京本社。
今後市場に投入される新製品の内覧会でした。
そして、今日は新宿パークタワーの東京ガス。
暮らしのデザイン展2010です。

どちらも最先端の展示なのですが、
アプローチが電気かガスかでまったく違っていました。
パナソニックは、太陽光発電を利用しながら、
エコキュートを利用するものでエネルギー系統は電気のみの1系統。
東京ガスは、太陽光発電とエネファームや燃料電池を用いての自家発電もする、都市ガスとの2系統です。

005abc.jpg
太陽光発電、風力発電、コージェネレイションシステムを用いて、
電力、温水などを地域で利用融通しあうシステムの模型です。

パナソニックから発売されるシステムキッチンの調理器具は、
加熱口が3か所、横一文字に並んでいて、魚を焼くグリルはそもそもありません。
「チンしてこんがり魚焼きパック」のような商品や、
フライパンに敷いて魚が焼ける専用シートなどが発売されている、
ということは、グリルで魚を焼かない人も増えていて、
グリルは無くてもOKということなのかもしれません。
そう言えば、スーパーの魚売り場も淋しくなっている、
と言っていた友人もいました。

天ぷらとか炊飯などもキーを選択すれば、微妙な火加減まですべて自動でこなしてくれます。
便利すぎて、自分で火加減などができなくなる。
パソコンを使って漢字が書けなくなるのと同じだわ、
と複雑な思いで新製品を眺めてきました。


さて、昨日は、設計事務所の先生ご夫妻、
夫と現場監督Sに私まで、竣工したお宅にお招きいただきました。
奥様の丁寧な手料理でのおもてなし。
サラダやスープからデザートまでのフルコースが、
本当に手間暇かけてつくられていたのが良くわかりました。
ピカピカの新しい空間は、とても心がこもった暖かい雰囲気でした。
お料理もとてもおいしかった。

最新鋭調理器具を見ながら、昨日のお料理を思い出した私です。

手加減、火加減、微妙なところをどこまで機械がとって変われるのか。
そういう気配りや習熟を手放してしまっていいのだろうか。
そんなことも思った今週の展示会とお呼ばれでした。




テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

18:13  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★No title

我が家の食卓に乗るサンマはアタマが切り離されています。
残念ながら、グリルに入りきらないのだそうです。
まあ、味は変わらないのかもしれませんが、やっぱりサンマは丸ごと焼けていて欲しい・・・
でも、グリル自体が無くなるのは寂しいですよね。

パナソニックの汐留には、知り合いのマッサージチェア見物に同行してマッサージ三昧してきました。どこも凝ってなかったから、血行が良くなりすぎたような・・・
クロスロード 辻本 | 2010年10月23日(土) 17:04 | URL | コメント編集

★Re: クロスロードさんへ

食は文化という面もあると思っています。
家庭での魚は、衰退しつつある、と感じます。
スーパーの魚の種類も本当に減りました。
お刺身とか鮭の切り身とか、ホイルに包んであって
あとは簡単に焼くだけ、みたいになっているものが
幅を利かせています。
丸ごと一尾のお魚などは・・見当たりません。

IH全盛ですが、火を扱わなくなりつつあるのは、
いいのかな、とも感じます。

火は、キャンプファィアーの時だけ、と言っていた小学生もいました。

どうなっていくのでしょうね。
jtstj | 2010年10月24日(日) 11:13 | URL | コメント編集

★No title

グリルの掃除は大変だけど、余分な脂も落ち、香ばしく使うのは好きです。
魚が焼けるにおいも食欲をそそられます。

>「チンしてこんがり魚焼きパック」

私も見ました、スーパーで。


調理器具も時代とともに変わるのですね。
シチリンなどは私は映画やテレビで見るぐらい。
火鉢は祖母が昔使っていました。


義父母が京都の出身なので、私が今住んでいる家は、昔風の家です。
旅行に行ったときに、明治、昭和の家があると見学するのが好きですが、あと十年もしたら私の家も見学されるような家になりそうです。
バッチ | 2010年10月31日(日) 21:05 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

私は、火が好きです。

料理の美味しさは、調理の時の音や美味しそうな匂いなど、
五感が大きく関係していると思います。

山荘でたき火をして、その中でつくる焼き芋。
たき火のそばで飲むコーヒー。
炎のゆらめきや、煙、パチパチという燃える音。

癒されるし、あの時間は宝物だと思っています。
jtstj | 2010年11月02日(火) 18:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/420-52eeb1ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |