FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2010'11.17 (Wed)

近代建築 2007年7月号

先日、竣工したお宅にお招きいただいた、という記事を書きましたが、
その時、ご一緒させていただいたのが、
設計者のA&T建築研究所の進藤繁先生です。

わが社で先生の仕事をさせていただいたのは、先日のお宅で5件めくらいです。
私はあの時、はじめてお目にかかりました。

2007年の近代建築7月号は、表紙が進藤さんの写真。特集号なのです。

あの日、おこがましくも能天気に
玄関のステンドグラスが入った建具と天井のステンドグラス、
それからリビング、ダイニングの折り上げ天井。
階段の手すり。この3か所が華やかで美しく、やさしい感じで、
しかも控えめで、特に好きです。
とか、シャンデリアより、ダイニングの照明の方が好きです。
などと、話していた私。
会話の中で、近代建築の特集号の話になり、
ぜひ拝見したい、と図々しいお願いをして、本当に送って下さったのです。

たくさんのホールやビル、ホテルなど
全国にある作品が掲載されていました。
ホールの写真は、どれも溜息が出るほど美しくゴージャス。
優しい印象を受けました。
住宅系の写真も、どんなにか居心地の良い、美しい空間なのだろう、
と想像されます。
ホールはもとより、どの建物にも実際に行って、
見て、体感してみたい、と強く思いました。


帰り道、わが社の品質を評価して下さり、
夫の仕事の流儀や、社員、会社の将来について
貴重な話しをして下さったのでした。
私が好きだ、と言った天井も梁があって、監督さんは苦労したと思うよ、
とか、大工さんや夫、社員の仕事ぶりも良く見ていて下さるのだな、と思いました。
改めて噛みしめ、励みにし、大切にしたい、と思っています。

もし図書館でみつけられたら、是非ご覧になってみて下さい。
全国にある作品、読んだ上で訪ねてみてはいかがでしょうか。

私、まずは手始めに近場の八重洲から、と思っています。








17:51  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/430-53072fb5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |