FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'01.19 (Wed)

たんぽぽの日々

生協に頼んでいた本が届きました。

たんぽぽの日々  俵万智 著

子育ての歌と、その歌についての文章が添えられています。
心に響く歌、コメントがあふれていて、
不覚にも銀行の待ち時間に読んでいて、涙が出てしまいました。
そのいくつかをご紹介します。


たんぽぽの綿毛を吹いてみせてやる  いつかおまえも飛んでゆくから

そして、飛んでいったら、後はただ風に祈るのみ


親は子を育ててきたと言うけれど 勝手に赤い畑のトマト

生活の糧を与えること、生きるノウハウを教えること、
それと、生きる力を育てることは大違い。
私って、ちゃんと育てていたのだろうか?


振り向かぬ子を見送れり  振り向いた時に振る手を用意しながら

息子たちと私の関係。
親子であるが故に悩ましい。
飛んでいった君たちでも、母はいつまでも母。

素直にこんな気持ちの時もいっぱいあったなぁ。

みどりごと散歩をすれば 人が木が光が話しかけてくるなり



おすすめの一冊です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:07  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

どれも母親の気持ちがピッタリ表されていて、心にジーンとしみてくる歌ですね。


子供が小さいと、子供の感性を育てようと自然に対して敏感になりますよね。


1月になり寒く空気が乾燥しているので、夜に月、星がきれいに見えます。
遅く帰る日は星を眺めながら帰ります。
バッチ | 2011年01月22日(土) 10:39 | URL | コメント編集

★バッチ

そうなんです。
ジーンとして、涙が出てしまうので、
場所を選んで読まないと、たいへんなことになります。

なんだか最近、涙もろいです。

寒いし、通勤も遠距離、仕事がら感染には充分注意して下さいね。
jtstj | 2011年01月22日(土) 15:31 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/469-5c73dd3a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |