FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011'02.01 (Tue)

ちょっと雑談・・・棟方志功的前のめり

夫は近視です。(私も)

この年になると、当然ながら、メガネが増えます。
近視、老眼、乱視も進み、
使い分けしないと良く見えません。

夫の場合、気に入ったフレームがあって、
つくるたんびに、同じフレーム。

つまり、パッとみると全部同じメガネに見えるのです。

なんて紛らわしい!
と思ったのですが、

これだと、老眼だか、近視だか人にはわからないし、
いつも同じイメージでいられる、というメリットがあったようです。
(ただし、本人は間違えて、あれこれかけなおしておりますが)   

ある寒い朝、夫はガウン姿のまま、ストーブをつけて、
メガネをクロスで拭いたのだそうだ。

そしたら、ポキッと折れてしまったとか。

まずい。じゃあこっち、と別のメガネを拭き始めたら、同じところがまたポキッ。

同じフレームです。弱いところも同じなのか、はたまた寒すぎたのか、
理由はわかりませんが、とにかくお気に入りフレームのメガネ全滅。

購入したお店には、既にそのフレームは廃番で在庫無し。

どうしたか。
執念です。時間がかかってもそれを修理して使うのだそうです。

それまでは、古いメガネでしのいでいるのですが、どうも度があわないみたい。
込み入った図面や書類を見たり書いたりする時には、
メガネを頭の上にずらして、机の上におおいかぶさるようにして、作業をしています。

う~ん。まるで棟方志功ね。

いや、棟方志功はメガネをかけて前のめりだから、ちょっと違う。

なるほど、おおせの通り。


修理完了予定日は2月4日。春を待ちわびる心境か。

それにしても、いつまで修理が可能なのだろう。
そちらも少し気になります。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:40  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>込み入った図面や書類を見たり書いたりする時には、
メガネを頭の上にずらして、机の上におおいかぶさるようにして、作業をしています。



私も同じ現象がおきています。
ド近視のうえ老眼がはいり、裸眼で顔を近づけて見るのが一番良く見える。
写真を見る時や、トールを描くときは裸眼で棟方志功はたまた奥村と牛のように被いかぶさるように描いています。



日常生活はテレビさえ見れればそんなに良い視力は必要ないので、家でかけるメガネは30年ぐらい前に作ったのを使っています。
仕事中はコンタクトなのでめがねは休日と朝晩だけなのでフレームも壊れずにおなじものを使っています。


最近、遠近両用のコンタクトレンズも用途に合わせて使っています。
夜長時間車を運転する時とか旅行の時には度の強いデイリーコンタクトにしています。


父は近視・乱視・老眼となっていたのでメガネを沢山もっていたそうです。
よく見えないとおいしさが半減するといって食事用のメガネを作っていたそうです。
バッチ | 2011年02月06日(日) 13:55 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

年齢を感じる一番は、目かもしれませんね。
老眼とは、こうなってしまうのか、と。

遠いところも細かい字も、何にも良く見えない。
不自由が無い、というのとは、別のレベルで
昔は、針の糸通しなんて得意技だったのですけれど・・

ゴルフ、ラグビー観戦、観劇などは、遠近両用コンタクト
普段は遠近のメガネ。それに近視のメガネと老眼鏡

増えてくるもの・・メガネ、カード、体脂肪 v-406
jtstj | 2011年02月07日(月) 09:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/480-50bd8d21

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |