FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011'02.17 (Thu)

汐留Panasonic 電工でセミナー

昨日は、セミナーに参加していました。
汐留のパナソニック電工東京本社。
駅の改札みたいな、ゲートを通り、最上階の24階。
電通、日テレ、高層ビルが林立する、絶景を眺めながらのセミナーでした。

所長が最初の挨拶。
過去60年くらいの株価の棒グラフが示されて、
卯年は株価が上昇している、と解説。
だから今年も景気上昇、ジャンプ。
さらに卯年は「初」が多いのだとか。
紅白歌合戦も、新幹線も、地下鉄開業も、
衣類の合成洗剤が発売されたのも、
みんな卯年だったとか。
だから、景気良く、新規事業にもチャレンジして行きましょう。
みたいな内容。関西弁で笑いもとって巧みな話術。
大阪っぽいなぁ、ここは汐留のミニ大阪?!
みたいに感じながら聞いていました。

でも、セミナーの内容はとても充実していて、考えさせられ、
心にも響くものでした。

確実に減少する人口。増加する高齢者。
30代の世帯年収は、ここ10年で100万円以上の減少。
今後もこの傾向が続くだろうし、
30代の世帯年収700万円以上は、全体の1/4。
そういう時代の、住宅取得はどうなっていくのか。
空き家が増える。持家にはこだわらない。中古もあり。
高齢者用介護サポート付居宅は不足。
国の施策、助成金などの情報も盛り込まれて、
今後の業界の行方を考えさせられる内容でした。

最後に生き残るためのヒントとして、講師が例を引いたのは、
「もしドラ」とマイケル・サンデルの「これからの[正義]の話をしよう」
でした。
ドラッガーの言う貢献、サンデル教授のコミュニタリアンとしての考え、
そこから、理念を持つことの強さと、
会社の哲学を強力に、徹底的に推し進めることの大切さを語られました。

我が社は何をしたいのか、何のために創業したのか、
そこからブレない経営をする。
まさに、経営者の哲学が厳しく問われているのだと思いました。

理想無き経営は現実に流され、経済に苦しむだけの辛い道。
厳しい時代だからこそ、理想をめざして旗を掲げる。
足元ばかり見ないで遠い理想を追って、上を向いて歩こう。
そんな言葉で締めくくられました。

24年間の今までを大切にし、さらに上を向いて歩いていこう。
我が社が我が社であるために、さらに磨きをかけ、極めていこう。

挑戦しなくちゃ、卯年だし、ジャンプ。

・・・と気がつけば、しっかりその気になって帰ってきました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

【More・・・】


サンデル教授の白熱教室を思い出し、
哲学を専攻していた息子の言葉を思い出す。

哲学は地図とか灯台なんだ。
こっちへ行こう、こちらが正しい、と道しるべになるんだ。
そう言っていたっけ。

社会人1年生。
仕事の中で彼はどんな道しるべをみつけたのか、
求めているのか、
そして君はどこへ行きたいのか。

いつか尋ねてみたい。

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

13:50  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>紅白歌合戦も、新幹線も、地下鉄開業も、
衣類の合成洗剤が発売されたのも、
みんな卯年だったとか。


へー、そうだったのですか
私も飛躍の年にできるように頑張ろう


>我が社は何をしたいのか、何のために創業したのか、
そこからブレない経営をする。


大事なことですよね。
それが、信用につながるのですよね。
バッチ | 2011年02月21日(月) 11:17 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

> へー、そうだったのですか
> 私も飛躍の年にできるように頑張ろう

でも、頑張りすぎないようにしましょうね。
無理は禁物です。

信用を築くのは長い時間がかかりますが、
失うのは一瞬、と聞いたことがあります。

jtstj | 2011年02月21日(月) 13:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/491-1bd910f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |