FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011'02.23 (Wed)

息子たちの大学受験・総括その2

昨日に続き、大学受験の雑談を。

成績相応の学校へ進学したな、と思うのは下二人。
私立の中高一貫校だったので、そのへんの面倒見というか、
進路指導は相当熱心だったと思います。
すごく、堅実に手堅く、合格を積み上げて行く、そんな感じでした。
チャレンジするにしても、想定の範囲内。
そこからはみ出るような、やんちゃなことは、無い、という雰囲気でした。

かたや、都立高校だった長男は、
浪人して、ミラクルな変貌を遂げ、
うそでしょ、みたいな進学を果たしました。
彼の高校卒業時のレベルは、本人いわく、「中卒」ですが、
これは、正しい評価だと思っています。

進路指導も私立とは大違いで、ある意味放任。
だからなのか、伝統なのか、無謀なチャレンジでも、
誰からもストップはかからず、何でもあり。
結果、その気になって、本当に豚が木に登ったのだろう、と思っています。
3月10日の合格発表は、周りも驚きましたが、当の豚君本人だって
相当、衝撃だったと思うのです。

長男と私は同じ都立高校。
そこは、今、都立の中高一貫校になり、
どこそこ大学へ何人進学させる、
という数値目標のある学校になりました。

進学の目標は生徒個人が掲げて、自己責任で努力する。
そう信じている私には、とても違和感があります。
これからは、木に登るような豚は現れないんだろうな。
そもそも木登りするべく、6年かけて方向づけていくのだろうな、
と思っていますが、なんだか淋しい気もしています。

もう高校生。
自己責任で木から落っこちて、痛い目にあうのも、いいではないか、
落っこち方もうまくなれば、登る木だって考えるようになる。
などとずっと思っていた私は、親の中ではマイノリティーなのかもしれません。
学校の変化や私立の人気というのは、親の意向が色濃く反映されているのでしょうから。

かくいう私も二人の息子は私立のお世話になりました。
公立中学の荒廃ぶりに、恐れをなして、
そこに放り込むことができなかったのです。

私立と都立どちらがよかったのか、
一概には言えないと思っています。

自分たちの過ごしてきた時間の真価は、
きっとこれからの長い人生の中で問われるのでしょうから。
ただ、どこに居ようとも、今の自分が居る場所で、
するべきことのベストを尽くすこと。
これが私の望みです。
木登りだけじゃなく、海を泳いだり、
なんだったら、空飛ぶ豚になるべく
チャレンジしたっていいではないか、と思っています。
失敗も、寄り道も、無謀なことも、するべき時はいつなのか。

それぞれの4月。
真摯に新しい1歩を踏み出して欲しいと願っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:07  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年02月26日(土) 12:29 |  | コメント編集

★Re: 鍵つきコメントへのお返事にかえて

私立の中高一貫で勉強した子と、地元の公立に進学した子の
大学を比べてみる・・・

我が家も、国立大学に進学したのは、都立高校出身の長男だけです。
でも、それは学校の差とか、教育内容の違いとかじゃなくて、
本人がどこに進学したいのか、というチベーションの問題じゃなかったか、
と強く感じています。

長男が下二人の息子たちと同じ学校だったら、たぶん
もっと堅実な志望校にしなさい、とある意味、もっともな進路指導をしていただき、
きっと現役でどこかの学校に合格して、チャレンジすることも無かっただろう、と思います。
それはそれで、現役で進学できるのですし、本人が納得すれば、私も満足だったのじゃなかろうか、
と想像します。
息子は現役の時、受験した学校すべてで、不合格でした。
これで、目が覚め、火がついたのではないか、と思っています。
その結果、第一志望に合格したのですから、本人は満足しています。

下の二人はどうか。
彼らも、進学した先、これから進学する学校に満足して、三男もとても楽しみにしています。
世間の評価では、長男の学校と比べられたりもするのでしょう。
でも、ブログにも書きましたが、我が家では、徹底的に何をしたか、するか、で評価しよう
と思っているし、またそうしてきたつもりなのです。

どこそこ大学卒、という肩書をとらせるために進学させたのではありません。
学問しにいくところが大学なんだから、その本質を追及してほしい。
そう言い続けてきました。
就職に有利なように、と入学してからすぐにダブルスクールをはじめたりする人もいるそうです。
そういう時代なのかもしれないけれど、大学に何しに来たの?というような気もしてしまいます。
職業訓練校ではないのですから。
長男は哲学専攻でした。思い切り、学生らしく遊び学び、学問の何たるかの、さわりくらいは
垣間見たのではないか、と思っています。
世間的にみれば、哲学なんて就職に何にもアピールするところが無いみたいなマイナーなところ
らしかったけれど、我が家では、本人がやりたいことならそれでOKでした。

同じようなお気持ちを抱えていらっしゃる知人み何人か知っています。
でも、こうは思うことできないでしょうか。

これからの学校で、新しい友ができ、恩師との出会いもあるかもしれません。
何より、新しく学ぶことがわんさかあるのですから、ワクワクしませんか。
それこそが、子供たちの日々のチャレンジ、成長なのだと思うのです。

私って、けっこう能天気、お気楽なのかもしれませんが、
今は三男と共に、新しい学生生活をとても楽しみに思っているのです。
jtstj | 2011年02月26日(土) 13:37 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年02月26日(土) 17:41 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/495-ea8ccb7f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |