FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'03.18 (Fri)

価値感の転換を求めて

原発がたいへんな状況になっています。
連日のテレビ報道を見ていても、
事態が好転しているように感じられないのは私だけでしょうか。

安全、万全と言われ続けていた原発。
想定を超えた巨大地震と津波だったから、という言葉だけでは、
片づけられない思いがします。

私たちの今の生活は、蛇口をひねればお湯が出ます。
深夜まで煌々と光があふれる街で暮らし、最先端の高層マンションは、
エレベーターが動くことを大前提として成り立っています。
こうした便利さに慣れきってしまっている日本であり、
私たち一人一人がいるわけです。

ある方が、この私たちの生活のあり方そのものが、
暗黙の共犯者である可能性があり、
その側面に全く目を向けないわけにはゆかないのではないか。
と言っていました。

原発の上に築かれた生活をおくっている私たちが、
国や東電を全く無垢なる立場から非難攻撃できるのだろうか。
とも言っていて、考えさせられました。

私たちの消費する電力は、
原発を乱立させてまで消費する必要や価値があるものなのか。
この先も消費電力が青天井で増えていく、そういう生活で良いのかどうか。
今までのままの生活の行きつく先はどこなのか。


謙虚に一人一人が考えなければなりません。
新たな価値観、哲学を持ち、
新たな日本として、復興しなければ、
と思うのです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:52  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★そうですね

あたりまえの生活は実はとても
贅沢な生活なのだと、改めて感じてます。

私の住んでる西日本は直接節電は関係ないようですが、
節電、節水やらなきゃって思わされてます。

関東の人たちの節電の頑張り
しっかりこちらにも伝わってます。
原発の問題も早くおさまるようにと祈ってます。
カズペコ | 2011年03月18日(金) 14:32 | URL | コメント編集

★Re: そうですね

便利な暮らし、当たり前だと思っていたことが、
実は、当たり前でもなんでもなくて、とても贅沢で、
本当に幸せなことなのだ、ということを、
いつの間にか、忘れ、感じなくなってしまっている自分たち。
それが、恐ろしいことだな、と思い知らされています。

夜を照らす電気の明かりに、どんなに人ははげまされ、
希望を感じるか。

幸せをもたらす電気であったはずです。
早く終息してくれることを心から祈っています。

平凡の有難さ、重みを日々感じています。
jtstj | 2011年03月18日(金) 15:38 | URL | コメント編集

>深夜まで煌々と光があふれる街で暮らし・・・

>この私たちの生活のあり方そのものが、
 暗黙の共犯者である可能性があり・・・


テレビも明け方まで放映されていて、深夜営業のお店も多くあり、電車の中・地下街はとても明るく、空調も整い・・・
便利な生活と引き換えに高度な知識・技術を要し、危険が裏腹にある原発を使っていたのです。
チェルノブイリの原発事故はよその国のこと、自分達にはおこらないだろうと忘れていました。
そして、原発施設を受け入れた人達の心情を考えてもいませんでした。



オレゴンでは田舎に住んでいたこともありますが、住宅街の街燈は少なく、お店も9時か10時ごろには大体閉まります。
4月に北京に行った時、ホテルの近くでも街燈はほとんどありませんでした。
お店も10時ごろには閉まります。
地下鉄のホームも明るいとはいえませんでした。


日本の家屋は機密性もよく、機能的でよくできています。
そして、電化が進み電気製品はリモコンで操作できます。
リモコン操作のための待機電力も合計するとかなりあるといいます。
うちは、TVは元の電源できるようにしています。



ガソリンも輸入しなければ日本にはありません。
中東が平和でなければ、石油を手に入れるのも困難になってしまいます。


必要なことにエネルギーを使い、限られたエネルギーは大事に使っていきたいものです。


電気エネルギーの欠点は溜められないということだそうです。
どれなので、ダムのようなところに電気をあまり使わない時間帯に水を溜め、電気を多く使う時間帯にその水を落とし、水が落ちる位置ネルギーを使いタービンを回し電気エネルギーに換えるなんていうアイデアはどうでしょうかね。

バッチ | 2011年03月23日(水) 17:54 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

社会全体の価値観の転換が求められているように感じます。

集中、大規模化、効率、でもその集中していたところが打撃を受けると、
ダメージもとてつもないものになってしまいますよね。

小さいスケールでそのエリアの実情、ニーズにあったものが非効率かもしれないけれど、
大切なのではないか。そんなことも感じました。

行政だってそうなのではないかな、と思ったりしています。

いずれにしても、復興の過程で、新たな価値観に基づいた、再生を遂げられたなら、
と思っています。
jtstj | 2011年03月23日(水) 18:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/513-a214b894

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |