FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'04.06 (Wed)

勝手に赤い畑のトマト

まだ学校が始まらないものの、次男、三男の二人組が、
少しずつ学校モードに戻ってきて、彼らもいつもの生活を取り戻しつつあるようです。

長男も、入社して1年がたち、下の二人も揃って大学生。
ついに、生徒という立場の人間が居なくなりました。
学生・・だよね。

ここまでくると、彼らが外でどんな顔をしているのか、
もはや、親の管理をすり抜けて知る由もありません。

小さいころのお箸の持ち方だとか、歯磨きの習慣だとかの、
具体的な生活技術や、習慣を身につけさせる段階から、
中学、高校では、お金の使い方、帰宅時間など、
生活習慣というよりは、生活態度や、価値感を伝えることに
重きが移ってきたように思います。

三人ともに、かなりのバトルの末の今の姿なのです。


私は、小遣いの金額、携帯電話、ゲーム、帰宅時間の門限などなど、
ウチはウチ、をかなり強く押し通していたように思います。

そしたら、こう言われたのです。

我が家の価値感、ルールはよくわかるし、それがウチの雰囲気、
僕たちの家なのだ、というのは理解しているけれど、
僕たちにだって、今のこの時代の、同世代との生活があるわけで、
そこを理解して欲しい。
一人だけ、完全にかけ離れた生活でなければならない、意味がわからない。
理由の説明も無く、ただ親の言うことを聞け、
というのは、親のエゴではないだろうか。

と迫ってきたのです。

養われているのだから、問答無用。黙って従え。
的な考え方もあったでしようが、
経済力を持ちだされたら、子供はたまったものではありません。

案外、いろいろなことをちゃんとわかっているのかもしれない。
それにずる賢く立ち廻ろうと思えば、ウソをつくことだってできるのだから・・
と、思い至り、その時点から、私は路線変更をしたと思います。


これでよかったのだ、と思っています。

ごくごく平凡な今時の青年になった彼ら。
私たちの子供なのですから、当たり前です。

外での彼らの心配からは、そろそろお役御免だな、とも感じています。
知らぬが仏。
でも、案外、ちゃんとしているかもしれない・・・(期待をこめて)

躾とは、あのバトルとは、なんだったのだろう、と思うこのごろです。


親は子を育ててきたというけれど 勝手に赤い畑のトマト 俵 万智

俵万智さんの著書に、
生きる糧を与え、生きるノウハウを教えることと、
子供が自ら育つ手助けをする育てるということ、
の違いが書かれていました。

遅まきながら、身につまされております。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

 

16:32  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★こんにちは

はじめまして
いつもお邪魔しています。
我が家も24と21の息子二人 同じような場面があります。

路線変更・・・

いつだったのかおぼろげになりました。
我が家もありました ありました。

そして 「このこの人生だから」を心に刻む毎日です。
サンカク△ | 2011年04月06日(水) 20:40 | URL | コメント編集

★Re: こんにちは

コメントありがとうございます。
私も、読ませていただいています。

息子さんがお二人いらっしゃるのですね。

>「このこの人生だから」を心に刻む毎日です。

この言葉が胸に沁みます。そうなのでしようね・・・

ところで、本日の記事、バイク。
羨ましいです。私もやってみたい、と思い立ち、
夫または息子に頼んでみようかな、なんて。
(断られそうだけれど)
どんなにスカッと良い気分だろう、と想像しています。
決行の暁には、是非アップして下さいね。

jtstj | 2011年04月07日(木) 10:05 | URL | コメント編集

おはようございますv-22

うーん 路線変更・・まだできない自分です。
やっぱり経済的なこと つい言ってしまいます。

高校の時とか
「そんな親の言うこと嫌なら 中学卒業したんだから
どこか住み込みで働けば いくらでも自由よ。その代り
なんでも自分で決めていかなきゃいけないし
自分の稼いだお金で暮らすのだから 今みたいな生活
できないから」
って言ってしまいましたねー・・
それって あたしが親に言われたことなんですけど(汗)

>小遣いの金額、携帯電話、ゲーム、帰宅時間の門限

これは譲れません 高校生だったから。
これからはどうでしょうね?昨日もお小遣いの話がでましたが
本人は学食で食べるから最低月12000円と
2万は渡す予定だったので まあ2万かな。
主人はもう少し渡してやれと言うけど あくまで食費だから。
そんなお金ないし

jtstjさん はじめ諸先輩の 子育て見て 参考にさせて
いただきます^^
800びくに | 2011年04月07日(木) 10:26 | URL | コメント編集

★Re: 800びくにさんへ

路線変更をしないで高校卒業までこれた、
というのは、すごいと思います。

大切なこと、親の価値観は充分理解して、遵守する気持ちもあるのだから、
それで良しとしてくれ。少しは周囲と同調できる、門限その他にしてほしい、
譲歩しない理由を説明してくれ、という子供。
経済的なことも、バイトさせてほしい、それがダメなら、借用書、
とまで言って粘られました。

でも、子供の言い分にも一理ある、とも思い、路線変更になったのです。
でも、制限無しではなくて、その都度相談、申告、というやり方だったかな。

大学生になると、ますます行動範囲が広がり、完全に何をしているのか
わからなくなりますよ。
長男は、家に帰らないこともあり、「ホームレス大学生」なんて思ってましたから。

親の心子知らず、とは真実だなぁ、と思い知るこの頃です。
jtstj | 2011年04月07日(木) 11:47 | URL | コメント編集

>ついに、生徒という立場の人間が居なくなりました。
>学生・・だよね。




子供と呼べる存在がいなくなったようで寂しいですよね。
もう、大人なのですよね。
私は下の娘が小学校に行っている時はまだ子供が家にいて、自分も若い気持ちでいられ、子供が家にいるだけで何となくほんわかした気持ちでいられました。
この4月から中学生になり、それだけでもう寂しいですよ。
薬局に小さな子が良く来ますが、孫を見るような感じでかわいいなと思ってしまいます。
4年前は耳鼻科にかかりよく泣いていた子も弟ができたらがまんするようになったり、「また来たよ」とニコニコして処方箋を持ってきたり・・・
小さい子ってかわいいなと思いますよ。



なかなか自立できないで心配の絶えない息子、希望していた大学の大学院に受かりました。
母校の大学院試験に落ち、それより難しい希望の大学院はダメだろうと親子共々暗い日々を送っていました。
社会人になった人も多くいるので、授業は8コマ目まであるそうです。
ダンナからは4月になったらAは家から出て自立するんだろうなと再三言われていたので、大学院に行くことを報告すると激怒し、ダンナ・私で大喧嘩でした。
上の娘が山形に戻る時に、下の娘にどこにも行くところがなくなった時にあけるようにと手紙を渡していました。
下の娘に聞いたのですが、それには上の娘の住所・電話番号・1万円がはいっているとのことでした。


息子はその後家を出ようかと友達とアパートを捜したそうですが、とにかく今は勉強し、バイトしてお金を溜めなということになりました。
そして、家には2万円入れなさいと。


息子が一人暮らしの準備として「家計簿」をつけてみたい。
今、うちでは何にどれぐらいお金を使っているかウチのをつけるからレシートを頂戴といい家計簿をつけ始めました。




>案外、いろいろなことをちゃんとわかっているのかもしれない


そうですよ。
子供は結構親の言っていることは頭の中に残っているのですよ。
私は上の子のときには結構厳しくしていたようでした。
年の離れた下の娘の時には、どうやってきたか忘れていることが多いのです。
トホホです。


携帯電話は息子は興味がなかったようで大学生になってから息子が自分で買いました。
高3でセンター試験を受ける時に私のPHSを貸しました。
クラスで携帯電話を持っていないのは二人だけで、その一人が息子でした。
試験の時に息子がPHSを持っていたのをその生徒が見て、試験後慌てて買ったので卒業時携帯電話を持っていないのは息子だけでした。

大学の時の食費は1万円で、友達と夕食を食べたり、ゼミの飲み会があると金欠になっていました。
そんな時はスイカのチャージでおにぎり1っこという日が続いたそうです。
学食でお湯が出るということで、コップと紅茶ティーバックを持っていっていました。


まあ、今は
「叩けよさらば開かれん   求めよさらば与えられん」
ということで要求がなければこちらからは与えないようにしています。

バッチ | 2011年04月07日(木) 22:56 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

大学院の合格、本当におめでとう。
紆余曲折があっても、彼は彼のペースで生きる道をちゃんとみつけ、
しっかりと頑張っていると思いますよ。
バイトして、家にもお金を入れる。
この彼の気持ちをご主人も汲んでくれたらいいのだけれど、と
傍から見ている私などは感じてしまいますが、それが私の甘さかもしれませんね。
自分の学生時代から考えると、息子さんは、とても成熟していると思います。
そして、お姉ちゃんも。1万円と下宿先の住所か・・・
いろいろ心配したのでしょうね。
少しせつないです。

小さい子供は、とても可愛いですよね。そこに居てくれるだけで
幸せを感じます。我が子に対しても、そうだったのですよね。
期待値が高くなり、自分の要求が大きくなり、いろんなバトルもあるけれど、
でも、生きていてくれるだけで、本当にありがたい存在なのだ、と
タマに反省するダメ親です。
リンクさせていただいてるプログは、小さなお子さんの子育てブログが
あります。それを読んで、ママたちの純粋な愛情を感じ、ハッとさせられます。



jtstj | 2011年04月08日(金) 10:38 | URL | コメント編集

おはようございますv-298

>大切なこと、親の価値観は充分理解して、遵守する気持ちもあるのだから、
それで良しとしてくれ。少しは周囲と同調できる、門限その他にしてほしい、
譲歩しない理由を説明してくれ、という子供。
経済的なことも、バイトさせてほしい、それがダメなら、借用書、
とまで言って粘られました

うーん・・ここまで言われたら 譲歩せざるおえないかなあ・・
でも うちはこんなにしっかりしてないから・・^^;

どこでなにをしているか わからないって 男の子は
そうなんでしょうね 不安ですけど・・。

そうそう コメントにありましたけど 大学院・・今結構
多いそうですね
入学式でも 一緒に大学院の入学式があって
主人が「あと四年も行くなんてー」と恐れて?いました
子供も「どんだけ勉強好きなんだ」と今は言ってましたが・・
どうなるのでしょうね?

主人は単に学費の凄さに驚いてましたが・・v-411
友達が男二人付属にいかせていて 長男が大学院に
いくといいだして お父さんは自分でいってくれと
奨学金で2年いき 今年就職しました。
今 弟が院にいくと言い出して・・お父さんはまた
悲鳴を上げてるようです
800びくに | 2011年04月09日(土) 08:20 | URL | コメント編集

★Re: 800びくにさんへ

大学院は、本当に進学する人が増えている、と肌で感じます。
母校の山岳部の後輩も、院に進学しなかった子の方が少ないと思います。

就職のための学歴付与ではなくて、学問をしに大学へ行ったのだから、
正しいあり方なのかもしれない、とは思います。
でも、学費はかかるし、院にいけば、学校にもよるでしょうが、
バイトしている時間もなかなか確保は難しいようです。
就職だって、ポスドクで無職の人もたくさん居ます。
マスター、ドクターと進みたい、というのなら、本人、親ともに
覚悟が必要だ、と私は感じています。

我が息子たちは、わかりません。
父も母もできる限りの応援は惜しまないけれど、
無限ではないわけで、それでもやりたいことなら、
自力でなんとかして、やりなさい、と言っています。

どんな展開になるのか・・・
心配もあるけれど、アッと驚くようなこともあるだろうし、
楽しんでしまおう、と思う私です。
能天気すぎますいかねぇ?
jtstj | 2011年04月09日(土) 09:22 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/525-089fcddd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |