FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'04.07 (Thu)

予定がたたない人間社会・予定通りの自然

震災以降、予想されていたこととはいえ、
いろいろな部材が調達困難に陥っています。

たとえば、ユニットバス。
ほとんどのメーカーは受注中止状態なので、
唯一、稼働しているメーカーに注文が集中します。
我が社も早々に発注したのですが、納期回答が定まりません。
昨日、1カ月と言っていたのが、今日は3カ月。
早まらずに、遅くなるばかり。涙

注文が集中し、さらに仮設住宅用にラインを変更したりして、
もうメーカー自体が納期がよくわかっていないようだ、というのです。
取引先からは、日々、納入状況一覧が送られてくるのですが・・
明るい兆しは見えません。

監督は設計事務所やオーナーの方に、日々状況報告の電話と、
善後策の検討に追われています。
仕方ないこと、とは言え、右往左往してため息が出ます。

それにひきかえ・・・先日テレビで見た映像を思い出しました。

被災地で、津波に流された、がれきの中で花をつけた梅の木です。
私たちと同じように地震に揺られ、波にもまれたのに、
・・・それでも何事も無かったかのように、花を咲かせる。
時期が来れば花を咲かせ、芽を出し、葉を茂らせる。

比べるのがおかしいのかもしれません。
でも、改めて、自然のすごさ、力を感じています。

右往左往しながら・・頑張ります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:55  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★予定通りの自然

jtstj さま  こんにちは
自然のすごさ、力・・・を私も震災の後片付けを田舎でしていた時に割れ落ちたガラスの下から
緑色の雑草を目にして、同じことを感じました。
地震も津波も自然の力、また大きな余震がありましたが逆らえませんね。

人間社会は右往左往、お仕事の方は本当に大変でしょうけど頑張ってください。
fumi | 2011年04月08日(金) 12:04 | URL | コメント編集

★Re: 予定通りの自然

コメントありがとうございます。
少し前から、読ませていただいていました。
被災した家の後片付けの記事も読ませていただいていました。

雑草も桜も、時が来れば芽吹き、花を咲かせる。
本当にすごい命の力ですね。

余震もありましたが、時が来れば鎮まってくれるのだろう、
と思うしか、なすすべはありません。
本当に逆らえません。

仕事は、本日も同じ相変わらずの状態ですが、
今建築している建物を、なんとか無事に竣工させなければ、
と思っています。
頑張りどころです。
jtstj | 2011年04月08日(金) 13:21 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年04月08日(金) 20:34 |  | コメント編集

自然の力には人間は抵抗できませんね。

しかし、生き物の力はそれにも増して強さも感じます。
植物だけでなく動物も強いと思います。
倒れても力をあわせて立ち上がる力を持っていると信じています。


放射性物質は人間の力を超えたものを持っていると思います。
人間にはまだ取り扱える力はないと。




私の薬局にも浪江町から避難してきた方たちが来ました。
医院の受診も薬局の薬も被災者は無料です。
住所で判断しています。



うちの薬局では薬は今の所手配できています。
足りない時にはお互い近隣の薬局から小分けで買っています。
バッチ | 2011年04月18日(月) 10:17 | URL | コメント編集

★バッチ

私も被災者の方の対応をしたことがありました。
三宅島の全島避難の時だったと思います。
確か、医療券を持参されていたように記憶しますが・・

オーバーテクノロジーで、人類は滅亡するのでは、
と言ったホーキング博士。
本当にそうかもしれない、と思うこのごろです。
jtstj | 2011年04月18日(月) 14:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/526-4a5d8088

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |