FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'04.10 (Sun)

地震後初の世話人会

昨日は、教科書問題の会の世話人会がありました。

私の卒業した都立高校は、中高一貫校になったのですが、
その計画が発表された時は、長男も在学中で、
現役の高校生共々、俄然母校の行く末が気にかかり、
それ以後かかわり続けて、かれこれ6年近くになります。

昨日の作業は、毎月の通信と署名のお願いなどの発送業務。
それに今後の予定の話し合いでした。今年は採択の年なのです。

地震、原発に気を取られ、落ち着いて活動しない間に
時間切れ、などということにならないように、
しっかり気を引き締めての作業でした。

私はこの活動で、子供たちが手にする教科書の様々な側面を知り、
また、単に母校のことだけでなく、教育や、学校というものに
目を向けるきっかけを得ました。
それに、作業や話し合いだけでなく、
ゼミ形式の読書会や、講師を招いての学習会などもあり、
とても楽しい時間でもあります。

母校が与えてくれた新しい出会い、豊かな時間。
伝統というなら、そうなのかもしれません。

ならばなおさら、大人の責任として、次に続く子供の為に
正しくバトンタッチしたい、と益々思うこのごろです。

立志 開拓 創作

卒業して、長い年月を経て、
改めて母校の三校是を噛みしめている春です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
13:43  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

教科書の影響はとても大きいですよね。


一番初めに正しいと教えられたことは、強く記憶に残り、それを摺りかえるには時間がかかりますから。


先日、下の娘が小学校を卒業したので教科書を整理していましたら。「生沢クノ」さんが道徳の教科書に載っていてびっくりしました。
「生沢クノ」さんは父の大叔母さんにあたる人で女医第2号でした。
私がそのことを知ったのは、息子が小3ぐらいの時で「生沢クノ展」を熊谷でやるということで父に初めて聞きました。



それはそうと、今回の地震・津波・原発事故で日本の経済はかなり打撃を受けましたが、東京が被災したらもっと打撃は大きいですね。
今から、首都機能を分散させておいたほうがいいのではないかと思います。
バッチ | 2011年04月18日(月) 10:30 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

生沢クノさん、ヤギの渥美先生といい、
医学にかかわる方が多いのですね。

荻野吟子さんは、小説にもなり有名だけれど、
今度、ちゃんと調べてみますね。

たいへんな苦労されて、勉強されたのでしようね。

ところで、工場の機能でもなんでも、集中させれば、
合理的なのかもしれませんが、今回のようなことがあると、
壊滅してしまいましたね。

行政の単位も、平成の大合併とかで、大きくなる方向で進んでいましたが、
果たして正しかったのか、考えさせられます。
jtstj | 2011年04月18日(月) 15:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/527-f3f681d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |