FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'05.05 (Thu)

ゴールデンウイーク山荘へ

山荘の小屋開きでした。
なつかしいOBの皆さんとの再会、温泉、
それに山菜とりと、それ後の山菜料理が、
この時期の小屋の楽しみです。
今年は、まだ寒くて、例年より蕗の薹も少なく、
こごみは見当たらず、たらの芽も見つけられませんでした。

夫は鹿島槍の東尾根を後輩と登攀中に雷が発生し、
断念して、ワンビバークで下山して来ました。
残念なことに、先行パーティーの方で、第二岩峰を登攀中だった方が
鹿島槍の南峰で雷に打たれて亡くなったと、新聞で知りました。
山荘付近も落雷と共に氷が降る、大荒れの天気でした。

052suisen.jpg


山里では、桜が咲き、菜の花が咲き、空を鯉のぼりが泳いでいる。
今年は、ことのほか、その美しさが身に沁みました。

そして、山肌にはまだ雪がたくさん残っています。
木のまわりだけ、雪が溶けて、ボコボコ土のわっかが見えている。
この景色も今の時期にだけ見せてくれる山の表情だと思います。
まだまだ浅い春。
この景色も私は好きです。(これは、サンアルピナ鹿島槍のスキー場です)
009yuki.jpg

なんでもない平凡な風景。
学生の時から見慣れた山や小屋の周りの木。
満開の桜。
当たり前のようにそこにあるその自然に、今年はとても癒されたような気がします。

064sakura.jpg

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:07  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>山荘付近も落雷と共に氷が降る、大荒れの天気でした



5,6月は雹が多いそうですね。
しかし、だんなさん達は下山してきてよかったですね。



空に山に水仙
素敵な景色ですね。



私は今回の山中湖ではDVDを見るのも目的の一つで、たくさん見ました。
家にいるとつい、ほかのことをしてしまうのです。
今回は「Drコトー診療所」 「仁」 「氷壁NHKドラマ」 「剣岳」 などなど。

精進湖でハイキングをしましたが、道なき道を歩き、急な下りで太ももの筋肉痛がひどく、帰る日のハイキングは苦痛でした。



富士山はとてもきれいに見え素晴らしかった。
バッチ | 2011年05月08日(日) 15:24 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

今年のゴールデンウイーク、前半は、あまり天気が良くなかつたと思います。
山も、きれいに写ってはいますが、いつもよりくすんで見えました。
多分、黄砂の影響ではないかと思います。

鯉のぼりもそうだけれど、富士という山にも、日本人のDNAは刺激されますよね。
遠くから、眺めるには美しい山だと思います。

登ったことありますか?
jtstj | 2011年05月09日(月) 09:35 | URL | コメント編集

以前、富士山は途中まで登りました。
ほとんど車で。


私が大学時代に研究室の人につけられたあだ名は
 「ババショフ」
でした。
そんな名前のがっちりした水泳選手がいたのです。

高校で器械体操、大学でバドミントンをしていたので、肩、腕とかなり筋肉がついていたのだと思います。


今回、ダンナと山に登った時にダンナの方が先にばてていたようで、家に帰ってからプールに行く回数が増えました。
バッチ | 2011年05月09日(月) 11:21 | URL | コメント編集

★Re: ババショフさんへ

長いつきあいだけれど、そんなあだ名があったの知らなかった。
お互いに、すごいあだ名をつけられたものですね。

富士は、11月にしか登ったことがありません。
雪がついて、厳しいけれど、登頂すると感動します。
夏は、ものすごく混んでいて、とてもお勧めできる登山ではない、
といろいろな人が言っています。たでも、普通は夏しか登れないですよね。

日本の最高峰。もう一度くらい登頂したいと思っています。
jtstj | 2011年05月10日(火) 09:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/539-42e6b640

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |