FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008'07.16 (Wed)

人を育てるって・・

6月はいろいろなところで総会が開かれますが、
わが社も先月末に協力業者の皆さんと、総会を行いました。
懇親会の時、たまたまそばに座られた業者さんの話が印象に残っています。

昔は、先輩の仕事ぶりを見て覚えろ、技術を盗め、と言われてやってきたけれど、
今の新人には通用しない。見てろ、と言われたから見ているんです・・
と本当にぼんやりとただ見ているだけだった。

昼ごはんも一緒に食べに行こうと誘っても、断られる。
一人でコンビニのお弁当を買ってきて、一人で食べている。
携帯でずっとメールでもしているのか、そばに居る誰とも会話しない。

少し厳しく注意すると、すぐに辞めてしまう。
辞めます、なんて言ってくるのは良い方で、突然無断で来なくなる。
電話しても出ない。

誰に対しても、会話はため口。

いくら職人さん、黙っていても腕が確かならOKと言っても、ちょっといただけません。

でも、その業者さんはにこやかに、
もうだいぶ慣れたよ。
彼らも技術をきちんと身につけて、生きていかなきゃならないんだから、
根気強く仕込んでいく、一人前にしてやらなくちゃ、とおっしゃっていました。

まずは、朝の挨拶から。自ら「おはよう」と声をかける、
現場の掃除も一緒にする、道具の片付けも一緒。
見ている人には、手を動かしながら、実況解説する。
終業時には、御苦労さま、と声をかけ、明日もよろしくと新人さんを送りだすのだそうです。
 
それにしても、
友達とはメールして交友しているのかもしれないけれど、
一緒に食事に誘っても断られて、職場の人間関係を拒否されてるみたいに感じたら、
自分だったら相当落ち込むな、と思いました。
たとえどんな一食でも、共に居る人と感謝しながら、いただきたいじゃないですか。

辞めるなら、せめて理由くらいは言って欲しい。
突然黙って来なくなって、何にも言ってくれないなんて、ひどすぎる。

私はそう思うのです。

話し合えば、理解できると言っても、会話すること自体を拒絶されれば、
取りつく島もないじゃないですか。淋しい。

と言うと、彼らはもっとさびしいんだと思うよ、とおっしゃっていました。

学校や家庭だけで人を育てるものではないのだと実感します。

わが息子たちもいずれ巣立って、今度は社会に育てていただく。
自分を育てる、成長させるのは結局自分。

厳しいところも一杯あるのでしょうが、少なくとも、使い捨ての人材として、人を見ない親方さん。
誰か一人でも一人前の職人さんとして育ってほしいな、と思いながら聴いていました。



花

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:48  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/54-ef471f0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |