FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'05.11 (Wed)

気持ちを話してくれたこと

連休後半、たまたま家の中に次男と二人になった時間がありました。
旅行に出かけた長男。バイトや、外泊で、出入りの激しい三男。
ただ一人、次男は、サークルのある日以外は、
ずっと家で留守番していたそうです。

おもむろに、自分の気持ちを話し始めた息子。

劣等感にさいなまれている事。
将来、何していいのかわからない、という不安感。
思い描ける未来像には、希望的な展望をみいだせないようだ。

いいことなんてない。
人生なんてつまらない。
どうせ自分は劣っているし、
将来自立できるだけの経済力も得られないかもしれない。

弱気な言葉のオンパレードを、ボソボソと話す息子。

黙って、全部、聞いて、
学生時代、母もそんな気持ちを持っていたこと、あったよ。
と言った。

19年の人生で、君は人生つまらない、と感じている。
そんな時もあるさ。それは、仕方ないこと。
でも、もうだめだ、と絶望した次の瞬間、
思いもよらない新たな展開や、出会いがある。
これは真実。
人生、ダメダなんてことは無い、と私は思っている。

だから、私は君たちの母になり、今生きているのではないか。

良いことも、悪いことも、嬉しいことも、悲しいことも、
全部ひっくるめて、受け入れようと思うこと。
そして、生き抜いて行こうと思っていること。
君には、充分に人生を生きぬく力があると思っているよ。

と話した。

二人だけの時間。
私に自分の気持ちを明かしてくれたことが
意外でもあり、少し嬉しくもあった。

母は正直に話したよ。

息子は何を感じたのか。

柏餅を食べたい、というので、一緒にひとつ食べ、
走ってくる、と出かけて行った。

011tukusi.jpg


頑張りなさい。
Heaven helps those who help themselves.
未来は君の目の前に広がっているよ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:22  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★息子よ

母息子で本音で語り合えるなんてすばらしいですね。
うらやましいな。
二人だけの貴重な時間、息子さんにとっても
忘れられない時間になったでしょうね。

息子さん、人生は始まったばっかりです
お母さんjtstjさんの言うように
これから何が起こるかわかりません。
思っているより、人生は面白いですよ、きっと。
我が息子、あっちこっちぶつかりまくって
今は元気に楽しく仕事してます。
カズペコ | 2011年05月11日(水) 19:09 | URL | コメント編集

今晩はv-290

今は大変な時代だから悩むことも多いのでしょうね。
うちもよく将来とか話すことありますが・・
結局は自分で決めることだから・・。

進路も散々揉めたし・・本人は色々未練もあるようで
でも まずは食べていけるようにしてから
また考えてくれというのが親の頼みで^^;

子供の気持ちもわかるけど 親は心配だから
そんな自由にもさせてあげられないし
お金も無尽蔵にあるわけじゃないし・・
というかないし^^;
難しいでです。

次男のかたと ゆっくり話せてよかったですね。
人に話すと気持ちも落ち着くし また色々考えられるでしょうし。
800びくに | 2011年05月11日(水) 19:29 | URL | コメント編集

★Re: 息子よ

コメント、ありがとうございます。
息子とこんなふうに話すのは、本当に意外でした。
でも、親として、少し先行く人生の先達として、嬉しくもありました。

三人の中で、一番心配もかけず、おとなしく、小さい時は喘息だったりで
控えめな息子だと感じています。パワーみなぎる上と下の間で、
いろいろ思うところもあるのでしょう。

「人生は始まったばっかりです
これから何が起こるかわかりません。
思っているより、人生は面白いですよ、きっと。
我が息子、あっちこっちぶつかりまくって
今は元気に楽しく仕事してます。」

この言葉、息子にメモして伝えました。(二人きりにはなれなかったので)
読んだ、と今朝言ってくれました。
ありがとうございます。
jtstj | 2011年05月12日(木) 09:42 | URL | コメント編集

★Re: 800びくにさんへ

コメントありがとうございます。

自分が恵まれているのだ、ということは、よく理解しているのですが、
兄弟というのはライバル意識もあるのか、勝手に進学先の大学を比べてみたり、
消極的で控えめな自分の性格にコンプレックスを抱いてみたり。
自己肯定感が乏しいのかな、とその点は胸が痛みます。
でも、私も夫も100%、まるごと受け入れているのですから、
最後は、そこを支えに頑張るだろう、と信じています。

大人になる過程では、だれもみんな、苦しむものだし、
あちこちぶつかりながら、自分をつくってきたのですから、
心配し、支えながら、見守りたいと思っています。
本当に、結局は、自分ですものね。
jtstj | 2011年05月12日(木) 09:52 | URL | コメント編集

>劣等感にさいなまれている事。
>将来、何していいのかわからない、という不安感。
>思い描ける未来像には、希望的な展望をみいだせないようだ。




私も高校時代にはあったように思います。
三無主義・・・「無気力」「無感動」「無責任」と若者に対して言われていました。
私は部活のことばかりに夢中で(卒業生のコーチが素敵だったのです)勉強はテキトーにしていたので成績がいいわけでもなく、こんなのでいいのかなと思ったりしていたときがありました。



ほとんどの人が一度は通る道ですよね。
母親に話すとはいい親子関係ですよ。
各家庭での母親の存在はおおきいですよね。



兄弟の位置である程度性格の傾向がありますが、2番目は消極的なようでいて結構意思が強く頑張るから大丈夫ですよ。
こんな私も中学までは消極的でしたよ。
だんだんそれでは自分が損をするとだんだん主張するようになりました。
2番目は静かだけれどシンは強いですよ。

バッチ | 2011年05月13日(金) 10:37 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年05月13日(金) 11:54 |  | コメント編集

★Re: バッチさんへ

バッチさんが、中学までは消極的だったなんて、信じられない・・です。

次男もそのうち変わると思っています。
兄弟のライバル意識や自分自身への不甲斐なさとか、
いろんな気持ちがあるのでしようが、本当に話してくれたのが、
よかったな、と思います。

何事も、そんなに簡単に結論なんて出ないもの。
粘り強く、自分で頑張ってもらいたいと思います。

本当に
Heaven helps those who help themselves.
です。
jtstj | 2011年05月13日(金) 13:30 | URL | コメント編集

こんにちは。

連休中、ご子息様とお二人で静かに話す時間を持たれてよかったですね。

ところで一人っ子の私の息子はきっとうらやましがるでしょう、
ご次男さんにご兄弟が2人もいらっしゃることを……。
友でありライバルでもあり、
協力し合ったりけんかしたり仲直りしたりしながら、
男の子ばかり3人で成長していくことができる、
いいなぁ、と。

もしもご子息様がたまにしかお母様を相談相手に選ばれないとしたら、
それはきっとご兄弟皆様の間でのコミュニケーションが充実しているからこそ、
とても幸せなことなのではないでしょうか。

将来について根拠なく楽観的かと思うと恐ろしく悲観的、
日によって両極端に分かれるわが息子は
不安定で揺れてばかりいる心の内を聞いてほしくて
といっても気楽に話せる兄弟姉妹がいるわけでもなくて
「オレの部屋に来てCDを聴こう、画集や写真集を見よう、少し話そう。」と
しかたなく私を誘うのです。
サハラの南 | 2011年05月13日(金) 16:02 | URL | コメント編集

★Re: サハラの南様へ

コメントありがとうございます。
息子さんは、一人っ子さんなのですね。
そういえば、息子たちは、親が寝静まった深夜などに、
楽しそうに、時には深刻そうに話したり、
またサッカーのテレビを見たり、
ゲームをしたり、と、仲良くしていることも多々あります。

母にしられると、めんどうだから、とほとんどのことは、3人で相談しているのでしょうね。

でも、今回の次男の気持ちは、上と下には気づかれたくなかったのだ、とも思います。
そんな弱みは兄弟にはみせたくないのだろうな、と。

人間の価値とか、今の自分の境遇とかを、とても短絡的に決めて思い悩んでしまう。
若さゆえなのかなぁ、とも思うのですが、人間万事塞翁が馬、などと言ってみても、
大学入試の今の結果や、友達の一言がすべてだったりしています。

親以外の信頼できる人に、息子たちもたくさん出会って欲しい、と願っています。

jtstj | 2011年05月13日(金) 16:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/542-9da89acb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |