FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'06.03 (Fri)

定年・新しい夫婦の時間

親しい友人のご主人が定年を迎えられた。

還暦の誕生日、お子さんから、温泉宿をプレゼントされ、
二人で出かけてきたの、と言っていた。

そして、定年。
今まで通り、会社へは出勤されているのだそうだけれど、
立場が変わり、定年後の再雇用、ということのようだ。

彼女の結婚、出産や子どもたちの進学、就職など、
ずっと近くで親しくさせてもらってきた。
年賀状には、いつも子どもさんたちの写真があったっけ。

勤続何年だったのだろう。
還暦を迎え、定年という区切りの年。
ハネムーンではない、夫婦二人の旅行。
どんな気持ちだったのだろう、と想像する。

友は言う。
明日からも会社に行くのだし、
ここで老けこんでしまうのもよくないし、
この区切りでは何にもしないことにしたの。と。

これは正しいかもしれない。
人生の通過点。
いろいろな重い責任から少しだけ解放されて、
身軽に趣味や、夫婦の時間を楽しむのもいいではないか。
別の友人のご主人は、オーディションを受けて、
合唱団に入り、サントリーホールに出演していたし。

そんな風に思っていたら、ご主人は一区切りの日に
ご自分で好きなケーキを買って帰られたそうだ。

ついでに買ってきてくれたの、
というラスクをおすそ分けにいただいて、
二人でちょっと可哀想だった?などと笑いあいました。

職場を去る、という男性の感慨。
想像すると、なんだか胸が熱くなります。
かたや、主婦には定年が無い。
私の友も、ずっと会社に勤めるご主人を支えて、
いわば、主婦を勤続してきたのだ。

ご主人の労もねぎらいたい。
そして、友の頑張りにもごくろうさまでした。
と言葉をかけたい。
お二人で積み重ねてきた時間。
心から拍手を送ります。
これからの新しい夫婦の時間が、友の一家にとって、
豊かでやさしい時間でありますように。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:36  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

そうですね。
今は寿命が延び、定年といってもまだまだ体力的にも働ける状態ですものね。


ちょっと区切りにお疲れ様会をして、いつもの日常に戻るというのがベストですよね。
そして、徐々に仕事の比重を下げ趣味に重点を置いていく。



ダンナの会社では選択定年制があり、45才、55才というように区切りの年齢に早めに退職すると退職金が割り増しになります。
ダンナの場合は、長年同じ会社に勤めているので辞めると大きな気持ちの変化があるでしょう。
私はステップアップのつもりで職場を変えてきているので、仕事を辞めても感慨はあまりないかもしれません。
もともとドライなのでしんみりとすることは少ないです。
見かけによらず。

バッチ | 2011年06月04日(土) 14:08 | URL | コメント編集

★バツチさんへ

定年、職場から去ること・・・自営業ではあっても、
いつか、その日を迎えるわけで、私はこの頃よく考えます。
私と夫の場合、定年を迎えるには、どうしたらいいか、なんて。

働くというのは生きがいでもあると思います。
今までと違った働き方、労働というのも視ありかもしれない、
などと、思いをめぐらせています。

しんみりするのかしないのか・・お互いその時には、観察しあいましょう。
jtstj | 2011年06月04日(土) 14:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/557-9622db87

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |