FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008'07.22 (Tue)

高山社

週末、夫の実家に帰りました。
母を見舞うことと、もうひとつ、
高山にある高山社の建物を見せていただくことが目的でした。


幕末から明治にかけての養蚕指導家、高山長五郎の生家で、
養蚕の研究に 取り組んだ場所だそうです。
「清温育」という飼育技術を完成させて、養蚕の技術指導を行う学校をつくったそうで、
それが高山社です。
現在は富岡製糸工場などとともに、世界遺産の暫定リストに入っている、
絹産業遺跡群の一つになっています。

P1000625_edited2.jpg


夫の高校の先輩が高山さんで、それでお母様をお訪ねして、見学させていただいたのです。


江戸時代に建てられたという長屋門が素晴らしかったです。

長屋門1


P1000623_edited2.jpg

そして何よりも、お母様が毅然としたとても素敵な女性で、
85歳というお年をうかがって本当にびっくりしました。


この建物は解体してもいいという許可がおりたのだけれど、こちらはダメなんですって。
古文書とか資料は全部、県立歴史博物館に寄贈したのよ。

・・などと、さりげなくおっしゃっていましたが、
これだけのものを守っていくというのはどんなにかたいへんなことだろう、と想像しました。

お庭に梅がきれいに干してありました。
ご自宅の梅の木から30キロくらい収穫するそうです。
腰が痛くなるけれど、息子も食べるというから、
もうやめよう、もうやめよう
と思いながら、やっちゃうのよね。
とおっしゃっていました。
土用干がまた一仕事。

・・そうだと思います。
85歳の母親が丹精した梅干し。
それをいただける、息子さん、夫の先輩。

幸せで有難いことだ、と思いました。





テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:54  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/56-77b324ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |