2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'06.11 (Sat)

怒り

怒っている人にたくさん遭遇してしまった。

ジムの露天風呂。お湯に体をゆだね、週末だなぁ~と
ぼんやりとしているところへ怒りの声。

どこに目をつけて掃除してんのよ。湯垢もずっと付いたまんまだよ。
休館日なんていったってなんにもしてないじゃないか!
と延々と怒っていた年配の女性。
たまたまお湯の温度を測りに来たスタッフは、うなだれるばかり。

銀行でも怒声。
○○支店って3か所あるんだよ。
駅前、中央、○○支店だけでいいのかよ。このやろう。はっきりしろ。
とすごい剣幕の中年男性。

郵便局でも。
毎日来て知ってるじゃない。なんでダメなのよ。
免許無いし、外国行ったことないからパスポートも無いんだよ。
そんな人、いくらでもいるじゃないか。
延々わめいて、窓口に向かって捨て台詞。
使えない。全部解約するわよ! 
これは若い可愛らしい風情の女性。

歩道で、前から猛スピードで走って来る若い男性の乗った自転車。
一瞬、どちらに避けようか、迷ってしまったら、すれ違いざまに
バカヤロー ババア!

電話でも、コンビニのスリーエフと間違えたのか、
○○支店の店長がどうしたこうした、といきなり話し始め、
あの~と私たちは建設会社だと告げようとしてもダメ。
ちょっと毅然と、私どもは建設会社で、とまで言ったところで、
いきなりガチャン。

怒りの現場に居合わせてしまうのは、とてもアンラッキー。
自分が怒りのはけ口にされてしまうのもイヤだけれど、
人がそんな目に遭っているのも、見るに堪えない。聞くに堪えない。

顧客であったり、サービスを受ける側である時、
立場上の優位が、ああも簡単に理性のタガをはずしてしまい、
感情むき出しになってしまうのか。

注意を促し、改善を求めるにしても、言いようがある。
事情を聞いてみる、話し合いをしてみる、
そんな過程はすっ飛ばした、怒り。
ストレス発散に見えてしまう。

むき出しの喜怒哀楽。
ヒステリックな社会。
良識ある大人は居ないものだろうか。

本当に憤るべき、大きな問題は別にある。
そんな事を感じた、怒声の露天風呂でした。
(同調して、怒る人まで現れる、恐ろしいお風呂でした)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:13  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

本当にお店の人に対して何を言ってもいいわけではないですよね。


若い人は、苦情の免疫が少ないから心を病んでしまうでしょうね。



苦情を言うにも節度がありますよね。
お風呂のおばさんはすごいですね。



自分に甘く、人に厳しい人や、自分の都合しか考えない人は時々いますね。
都会は人が沢山いるから、色々なタイプの人がいるのですね。


銀行は合併して同じ銀行内でも支店名が二つあり、私も困惑した時がありました。


年をとってくると怒りっぽくなるのは、理解できない自分に対する怒りと不安もあるのでしょうね。




まあまあ、いいじゃないの。
のんびりいこうよ・・・ですよね。
バッチ | 2011年06月13日(月) 10:34 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

トホホな日ってあるものです。

言いすぎだ、と感じる場面、多いのかな、と感じます。

お風呂では、もういいじゃない、と止めるのではなく、
集団でエスカレートしているように感じました。

ああいう場面で、もうそろそろいいでしよう、
とその場を収めるような発言もできず、黙っていた自分にも
嫌気がさしました。

のんびりしたくてお風呂に行っているのに・・・

本当に私たちも綺麗に使うように気をつけるから、
もう少しお掃除もよろしくね・・でいいのにね。
jtstj | 2011年06月13日(月) 13:27 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/562-e04dae6a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |