FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'06.20 (Mon)

前田 吟さん

昨日、三越劇場で「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を見てきました。
水谷八重子さんが主演の新派の舞台で、
前田吟さんが遊郭の主人を演じているのです。
前田さんのご自宅の工事をさせていただいたご縁で、
舞台に出られる時には、見せていただいています。

寅さんの映画の、さくらのご主人、
渡る世間は鬼ばかり、
この2作がすぐに思い浮かびます。
とても有名な芸能人。別世界の方、というイメージの方でした。
でも、いくつかの舞台を見せていただいて、いわゆる芸能人的な、
派手さとか、きらびやか、というイメージは、
ちょっと違うな、と感じるようになりました。

舞台のたびに、丁寧なお誘いの手紙を下さいます。
どんな舞台なのか、どんな意気込みで臨まれているのか、
俳優、前田吟さんの想いがこもったお手紙です。
それを読むと、夫も私も是非、舞台を見せていただきたい、と気持ちが動かされます。
そうして拝見させていただく舞台です。
こちらも、心して、期待して、わくわくしながら見に行くのです。

おしん・藤島土建・そして昨日の舞台。
まだ3作しか拝見していませんけれど、
いろいろな顔の前田吟さんを見せていただき、
劇場での、濃密な時間を堪能させていただいているのです。

昨日は、窓口で思いがけず、前田さんから、言付かっております、
とお菓子をいただきました。

006gin.jpg

何時間かの虚構の世界、舞台。
でも、その根底には、舞台をつくる人たちの熱い気持ちと、
それを伝えるための地道な作業の積み重ねがある。
感動が感動を呼び、大きなうねりになることもあるのでしょうが、
基本は、みんな同じ。
しっかり気持ちを伝えること。
そして、ちゃんと受け取ること。

帰宅して、お菓子をいただきながら、そんな風に思いました。

劇場での時間、しっかり味わい、感動しました。
受け取りました。

ありがとうございました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:31  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

前田 吟 さんは俳優座にいたことがありましたっけ?

私も以前テレビや寅さんの映画を見て、いい俳優だなと思っていた1人です。


演劇人はいわゆる芸能人とは少し違いますよね。
山本 圭 にしても 佐藤 オリエ にしても。




それにしても私が感心するのは、お施主さんと家を建てた後もお付き合いがあることです。



先日、部屋の改修工事をする時に不動産屋さんがよくたのむ建設会社に頼みました。
震災があってもすぐにできるということだったので、急いでいたので頼みました。
けれど、一ヶ月以上かかり、5月いっぱいかかると言われ、5月20日に見に行ったら資材がおいたまま、隣の人に挨拶が出来なかったので工事できなかったということでした。


結局次の賃借人が入るのに間に合わないので全部終わりませんでした。


工事が終わる前から次は絶対ここには頼まないと強く思いました。




工事が終わっても長いお付き合いが続いているのは素晴らしいことです。
信頼しているからこそですね。
バッチ | 2011年06月21日(火) 10:10 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

俳優座養成所にいらしたこと、あるみたいです。
今、調べました。

それで、年齢を知り、もつとビックリです。
若々し。、年をとらないみたいですね。

最後まで、家のめんどうを見させていただきたいので
家を通じての、お付き合いなのです。

jtstj | 2011年06月21日(火) 13:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/568-ce1bb637

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |