2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'07.18 (Mon)

叔父からの郵便

叔父から、分厚い郵便物が届いた。
中には叔父の書いた論文や寄稿した文章、それに手紙が入っていて、
来年米寿を迎えるにあたって、いろいろ整理をしていること、
そして、私にもらって欲しい、と書かれてあった。

叔父は大学で教えていて、
おぼろげにシェイクスピアの研究をしていたように記憶していたのだが、はたして
シェイクスピア時代の劇に見られる女性達
Cymbeline 批評外観
冬物語覚書 牧場の祭りの場面を中心に
冬物語覚書 彫像の場を中心に
などなど、かなりの分量のシェイクスピアに関する論文が含まれていた。

専門に関する物は、私には豚に真珠、猫に小判だけれど、
(叔父さん、ごめんなさい)
小学校や高等学校時代の思い出を書いた物は、なかなか楽しかった。

小学校時代は相当の悪ガキで、廊下に立たせた教師の手を噛み、
友達に挑まれて、工舎の二階から、校庭の雪がかき集められていた所に飛び降り、
柿どろぼうをしたことなどが書かれていて、これにはニンマリ。

高等学校時代の思い出には、たいへん珍重されていたという、
フランスその他の諸国のトイレの落書きを集めた随筆集のことや、(私はこれが欲しかったな)
またデコシャン(おでこピカピカの意味か?)など、先生のあだなのことなどが書かれていて、
かなりお茶目な印象。


悪ガキがどこでどのように変貌して生きて来たのか。
叔父の人生。

そして思い浮かべるのは自分の父親のこと。
高校時代に亡くなった父がどんな子どもだったのか、
どんな学生時代を過ごしていたのか、今となっては、知るよしもない。

でも、父のすぐ下の弟である叔父の文章に、
私は父の手掛かりを求め、重ね合わせて見ているのかもしれまない。

もし生きていたら、我が息子たちに、
そして、息子に手こずっている私に
どんな言葉をくれただろう。

目を皿のようにして、何度か読み返してみたけれど、
手紙からはみつけられず。

叔父の論文やら随想の中にヒントがあるのだろうか。

分厚い束をチラと眺めて、少し読んでみようか、
という気もしてくる夏の午後。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:28  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おじさんが、大学教授の頃はシェークスピア研究は盛んだったのでしょうね。

小田島雄二という教授もシェークスピア研究をしていたような・・・



それにしても小学校時代はかなりワンパクでしたね。



おじさんの随筆集に専務のお父さんの考え方の手がかりがあるのではないでしょうか。




私は父が亡くなり、父が肺がんの手術をしてから書いていた日記を読み、父を再発見したりしました。



連休は私は山中湖に行ってきました。
東海遊歩道の一つである平尾山の登山は気軽に行けて好きです。
森のような中を抜けて上り坂が始まります。
ダンナは行かないというので少し迷いましたが、一人で登ってきました。
上りと下りでは気分が全く違いました。
自分のペースで上りは色々なことを考えながら、富士山を見た後では何だかスッキリして下りてきました。
登山ていいですね。
バッチ | 2011年07月20日(水) 10:36 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

父と私は専攻が同じなのだから、父のレポートとか、
何か残っていれば、本当にいいのにな、なんて思ったのです。

有機化学の教科書みたいな本が1冊残っています。

叔父がワンパクということは、父も推して知るべし
じゃないかな、と思っています。

ところで、登山ていいですね、って当然です。
本当に、山は楽しいというか、心が洗われる気がしますよね。
jtstj | 2011年07月20日(水) 14:47 | URL | コメント編集

そうだ!
専務の息子さん達がワンパクなのは、専務のおじさん、専務のお父さんゆずりかもね。



きっと、何かお父さんを知る手がかりがありますよ。
そして、再発見するものもみつかりますよ。
バッチ | 2011年07月21日(木) 10:00 | URL | コメント編集

★Re: バツチさんへ

息子たちのワンパク・・・我が家の家系。
それに夫だって、相当な悪さをしていた、と義母から聞かされたことがあります。
こうなると、我が息子たちは、手がつけられない悪ガキ3人組であつても不思議はないか・・・

とにかく、良いところも悪いところも含めて、双方の親、そしてそのまた親の
影響を色濃く受けているのでしょうね。

良いところだけ似てくれればいいのにね。
jtstj | 2011年07月21日(木) 14:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/584-f3907e44

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |