FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'08.02 (Tue)

誕生会について思うこと・誕生日の思い出

いつ頃から、子どもの誕生日にお友達を招き、誕生会をする
というのが、盛んになったのだろうか?
家族揃っての誕生会というのも、昔からあったのだろうか?
私は、ついぞ経験することができなかった。

子どもの時、私も家にお友達を呼んで、誕生会をしたい、
と母に頼んだことがあったのだが、
天皇陛下でもあるまいし、と一笑にふされたのを
何故だかこの年になっても私は思いだす。

友達の誕生会へのプレゼント。
リリアン、折り紙、紙石鹸、良いにおいのするケシゴム、
他愛の無い品々。それにプラスする焼き菓子などは、母親が用意していたっけ。
西洋の風習だね・・・などと言っていたけれど、
西洋だろうが何だろうが、私は淋しかったし、悲しかったのだ。
そんな気持ちをのみ込んで、手伝っていた自分。
なんてけなげな私だったんだろう。

012tann.jpg

私の誕生日に、おめでとうのメールをくれた友。
レストランでステキなデザートをいただき、
友がおめでとう、と言ってくれたこと。
私はこういうシチュエーションにめっぽう弱い。
油断すると涙が出てきてしまうのだ。


今は施設で毎月開かれる誕生会が大好きになった母。
ニコニコと拍手をし、美味しそうにケーキをいただいている。
私の誕生日はとうに忘れてしまったね。


バカみたいかもしれないけれど、
一度くらい、本当にお母さんにお祝いしてもらいたかったのですよ。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:25  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>天皇陛下でもあるまいし、と一笑にふされたのを
>何故だかこの年になっても私は思いだす




面白い返答ですね。



>私はこういうシチュエーションにめっぽう弱い。
>油断すると涙が出てきてしまうのだ。



そうだね、
胸にジーンとくる系には弱いね。



家で誕生日を友達と祝うのは小学校までだよね。
私が小学校の時は4年生ぐらいからやったかな。
友達によばれて初めて誕生日パーティーというものを知りました。


うちは子供が4人もいて、自営だったので母は、いつも忙しかったようです。
友達を呼びたければ自分で用意しなさいと言われ、紙皿、サンドイッチ、おかし、おみやげなどは自分で用意しました。
お金は母に出してもらいました。



よその家はお母さんがしてくれていいなと思っていました。



それで、自分の子には保育園時代、小学校時代に私が用意して子供の友達をよんでお祝いしました。

バッチ | 2011年08月04日(木) 13:27 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

誕生会、呼ばれて行く時には、手土産なんて用意してくれるのに、
我が家ですることはダメ。
聞かされた理由が天皇陛下じゃないから、なんて子ども心にも、
納得できなくて、悲しかったのを思い出します。
理由がよくわからなかったから。

招かれる子、招かれない子、家でできる子、できない子・・・
もしかしたら、子どものそういう事情を考えたり、派手になっていくのを
嫌ったのかもしれません。でも、本当のところは、今となってはわかりません。

息子たちの誕生会は、家族でお祝いが基本だけれど、
それぞれにお友達を招いての会もやりました。
寒い季節だけれど、駐車場でバーベキューとかくれんぼ大会。
私にとっても楽しい思い出です。
jtstj | 2011年08月04日(木) 13:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/591-320cafcc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |