2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011'08.27 (Sat)

こだま神川CC

前々からの約束があり、
痛めた膝に、サイボーグのようなプロテクターを装着し、
ゴルフに行ってきました。
(主治医には内緒。念のため本日は休養。大丈夫のようです。余談です。)

朝5時5分前に友人の家に集合。
夫に4時過ぎに送ってもらえば楽勝のはずだったのに・・・
私が忘れ物をして、遅刻。

早朝の、道路工事。
池袋の路上を、夢遊病者のようにフワフワ歩く人。
しかもパトカーがいて、50キロきっかりで走り、
ハラハラ、ドキドキして、ため息の私。

夫は、怒らなかったけれど、
何やってるの・・・という感じで笑っていました。
バカにした笑いだったんだろうな。

まぁ、とにかく友と合流して、やっと落ち着きました。

プレイは楽しかったです。

猛暑日のような暑さもなく、
コースもトリッキーな山岳コースでもなく、
なかなか面白いコースでした。

クリークが横切っていたり、グリーン廻りに池があったり、
バンカーが立て続けに並んでいる「教会の椅子」というところがあったりで、
頭を使わないとダメ、を実感。
そして、悲しいかな、頭を使っても、
なかなか、狙った通りにはできないのも実感。
力が入ってしまい、素振りの方がずっといい・・・

でも、そんなものかもしれません。

音だけナイスショット。結果は飛びすぎ。
当りそこない、結果オーライとか。

でも、私にしては上出来でした。

クラブハウスに戻った直後から大雨。

私たち、日ごろの行いがいいのよね。
と自画自賛しながら帰って来ました。

早く、膝を完治させて、またレッスンして、プレイしたい。

秋のベストシーズンが待たれます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:14  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます。

夫が上司から
「仕事上必要だからぜひゴルフができるようになりなさい。」
とさかんに勧められています。
でも本人はどうしても始めようとしないのです。
私もゴルフというスポーツ、
経験したことも観戦したこともないのですが、
その楽しみというのはどんなところにあるのか
教えていただけませんでしょうか?
サハラの南 | 2011年08月28日(日) 05:18 | URL | コメント編集

★Re: サハラの南様へ

ゴルフの魅力・・・これは、私の場合ですが、
難しい、というか奥深いところが、面白さの源のような気がしています。

どうにか打てるようになるのにも練習が必要です。
論理的に理屈を学び、正しいスウィングと自分のスウィングの
ズレを丹念に修正していく。思った通りの良い当たりが出たり、ダメだったり。
考えながらの練習です。根気と反復がいりますが、私はこの練習もけっこう好きなのです。


そこそこ打てるようになり、コースに出ると、今度は別の面白さがあります。
川だの池、穴など障害物を避けながら、少ないストロークでカップインさせる。
そのためには、ただ当たって飛べばよい、というわけではなくて、頭を使います。
ワナにはまらないためにはどうするか。小刻みに前進するのか、それとも
思い切って、障害物を飛び越すようなクラブを選んでチャレンジするのか。
作戦通りにいけば大喜び。でも自滅することもあります。
そして、精神の影響もすごく受けると思います。
一喜一憂しないで、淡々と、プレイすることが必要なのだと感じています。
私は有頂天になってはワナにはまり、落ち込んでは気を取り直す。
そんなことばかりしています。

自分のスウィングのレベルに応じて、作戦を立てて進んでいく。
一打一打ひきずらない。自分を信じて打つ。
それに尽きるのですが、なかなかできない。
そこが面白さなのかなぁ、思います。
課題がいつもあるのでまた練習してコースに出たくなる・・その繰り返しなのだと思うのです。

体力や筋力、身体のしなやかさなどはもちろん必要なのですが、
それだけでは良いスコアは出ません。経験を重ねた年配の方も若者と同じ土俵で楽しめる、
これも魅力だと思います。技に優れた中高年が若者にも勝てるなんて、なかなか無いと思います。

自分がやってみて、どんなに難しいのかよくわかると、
プロのトーナメントを見ても楽しさ倍増です。
どうやって切り抜けるのか、あんな足場の悪いところからどう打つのか・・
いつもスゴイ!!と感心しながらいつも見ています。

接待ゴルフはともかくとして、とても奥深い、魅力的なスポーツだと思います。

良い先生について、基本から練習されれば、ゴルフの面白さを感じることができるのでは、
と思います。やってみるのが一番。
でも、自己流やいろいろな人から習うのはあんまりお勧めできません。
やはりちゃんと先生に習う、スクールに入るなどするのが近道だと思います。

以上、長々書きましたが、参考になったでしようか。
jtstj | 2011年08月28日(日) 18:34 | URL | コメント編集

天気、暑すぎず雨も降らずで
良かったですね。

しかし、朝の出発早いですねぇ。
私はゴルフ場が密集する地方に棲んでいるので
これだけは田舎の得だなと思っていますw


膝、どうぞご自愛ください。
壊してしまってはゴルフどころじゃなくなっちゃいますから。
鋭利庵 | 2011年08月28日(日) 19:17 | URL | コメント編集

★Re: 鋭利庵 様へ

天気はとってもラッキーでした。
ゴルフも・・・ヒザをかばって、バカみたいに振り回さない、
おしとやか・・なゴルフが良かったみたいです。
いつもより安定していた、皮肉なものです。

ヒザは、昔の古傷です。前十字靱帯をひどく損傷していて、
疲れたり、酷使すると悪化します。今回は登山のせいです。
ゴルフ場で、斜面、ガケに行かず、芝の上を歩く分にはOKなのですが・・・
斜面やガケに行かないわけもなく、完治を目指します。
有難うございます。

ゴルフ場が近いのは羨ましいです。東京から行くとなると、渋滞が怖くて
早くに出発、ということになるのです。それでも、事故渋滞などということもあり、
スタートに間に合わなかったこともありました。
ブログを拝見していると、よさそうなショートコースや練習場もたくさん
ご近所にあるみたいですね。これも羨ましいです。
我が家の近所は、最長80ヤードのところしかありません。
今度、埼玉で練習場を探そうと思っています。
jtstj | 2011年08月29日(月) 09:03 | URL | コメント編集

>痛めた膝に、サイボーグのようなプロテクターを装着し、
>ゴルフに行ってきました




まあまあ、約束といえどもサポーターを超してプロテクターをして行ったのですね。





>クラブハウスに戻った直後から大雨。





ゴルフ場のほうも大雨でしたか?



>音だけナイスショット。結果は飛びすぎ。
>当りそこない、結果オーライとか。



こんなゴルフでなくこんな生き方好きです。

バッチ | 2011年08月30日(火) 15:38 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

プロテクターしてでも、行きたいのです。
ゴルフ。

帰り道が雨ですごかったです。
本当にこの頃の雨の降り方、激しいですよね。

> こんなゴルフでなくこんな生き方好きです。
辛口のコメント、有難うございました。
jtstj | 2011年08月30日(火) 16:43 | URL | コメント編集

>辛口のコメント、有難うございました




いえいえ、本心ですよ。
おおらかでいいですよ。
バッチ | 2011年08月31日(水) 09:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/602-a0d6b0ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |