2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011'09.05 (Mon)

車の運転で眠くなった時

抗生剤が効いたのか、母の様子も少し落ち着き、
私も義母の一周忌の法事に、出席することがきました。

1年はあっという間に過ぎていき、
そして、30年もあっという間だったな、と実感。
親族のアイドルだった甥っ子は今月結婚式。
全員集まると大騒ぎだった子どもたちも、皆大学生や社会人。
めまぐるしく晴雨が変わるおかしなお天気でしたが、
無事に法要を済ませることができました。
とてもなごやかに食事をいただき、そして、帰り道・・・

お腹が満たされて眠くなってきた夫。

皆さんは、どうしているのでしょうか。

いつもは、ガム。ブラックブラックですが、それでもダメな場合。

昨日は、夫の高校の校歌や応援歌の入っているCDをかけました。
これは、効果てきめんでした。
創立100周年か何かの時に入手したものなのだそうですが、
今まで聴いたことがありませんでした。
でも昨日は車の中、大声で斉唱です。

上州の三つの山は 遙かにかすみ
セルリアンブルーの 烏川は流るる
高きを求む 夢の如くに
榛名山 白き雲沸き
バラの香匂ふ 学び舎にて 友よ
健康と真理 かち得ん
高崎 われらが母校
未来よ 燦とかがやけ

バラの香って、なんだか似合わない、と私が言えば。
バラ園があるんだし、校風にピッタリだ。と夫。
本当?

続いて、翠巒(すいらん)という応援歌。

翠巒影を浮かべては
流水長き思いあり
紫紺の霞打ちわたる
榛名の嶺の姿にて
碓氷の玉に身を照らす

名も高崎の西方に
獅子とうそぶく高校の
紅燃ゆる健児等が
今乾坤の暁に
昇る飛躍の第一途

寮歌祭にでも出てきそうな歌。
と私が言えば、

いや、これは今でも歌ってる。
マエタカ(前橋高校)との定期戦の時にも歌った。

と言い、宿敵のライバル校、マエタカとの定期戦の話を熱く語る夫。

私も一緒に歌うと、そういう女子の声は混ざらない、と言う。

男女共学にすればいいのに。
マエタカが羨ましがるよ。いいアイデア!

などと勝手なことを言いつつ、盛り上がり、睡魔も消え失せ、完全に覚醒。

効果抜群でした。

もし、校歌のCDがあればお試しあれです。

ただし、注意点
同乗していた息子たちには、すこぶる不評でありました。
同乗者に注意です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:01  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>昨日は、夫の高校の校歌や応援歌の入っているCDをかけま>した。
>これは、効果てきめんでした




流石、専務。
社長のことをよくわかっている。



社名の  スリーF  も社長の高校に因んだものですものね。


応援歌は漢詩のようで男っぽいですね。



お母さん、容態が落ち着いてきてよかったですね。



次に決断を下す時のために、ゆっくりと考える時間をもらえましたね。





私は眠くなると瞬時に寝てしまうのだけれど、夫はどうしているのだろう。
夫も私も食事をすると眠くなるのですが、以前旅行中に
 「眠くなったから運転替わって」
といわれ、
 「わかった。でも、私も眠いんだよね。」
と私は返事をしておきながら、数十秒後には寝ていました。





バッチ | 2011年09月08日(木) 14:00 | URL | コメント編集

★バッチさんへ

私は運転もできないし、ただただいつも乗せてもらうだけ。
だから、いつも運転してくれるのは、有難いと思っています。
バッチさんは交代してあげられるのだから、いいですよね。
私は、せめて、どうにかして眠気を覚ましてあげる、
それくらいしかできないのです。

息子たちは、カンベンしてよ~
と不満タラタラでしたが、
居眠り運転で死にたくなかったらガマンせい、で押切ました。
jtstj | 2011年09月08日(木) 16:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/607-d31f6035

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |