2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'09.14 (Wed)

天は自ら助くる者を助く

Heaven helps those who help themselves.


ギリギリの崖っぷちに一人で立っている君。

私が助けてあげる。
私にできることは何でもしてあげる。
そう叫び、君の手を引き、そこから救い出したい。

でも、あなたは、それを私に言わせないぞ、
という気魄をもって一人たたずんでいる。

誰かに頼ったら、崩れてしまう。
だから、一人で闘う。
どんな結末も一人で受け入れる。

その決意で踏みとどまっているのかもしれない。


産まれる時も、死ぬ時も、所詮一人。
そうは言うけれど、
ここまでの覚悟をさせるものは何なのか。

開き直りなのか、諦めなのか、
それとも・・・・?

心の中を推し量ることもできずにいる。


黙って見ているのは辛いけれど、
そういう支援の仕方もあるのかもしれない。
私にはそれしかできないのかもしれない。

無力な自分。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:16  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

何だか随分深刻そうになってきたではありませんか!



子供には強さも身につけさせなければならないけれど、親から手を差しのべて助けなければならない時もあります。




今はどのあたりなのでしょう。




必要ならば、親から「話がある」と持ちかけて、二人っきりで話さなければならない時もありますよ。





彼の表情をみて判断するのがいいですよ、きっと。
バッチ | 2011年09月15日(木) 14:02 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

ご心配をいただきました。
でも、崖っぷち状態にあるのは、子どもではありません。

心配もさせられて、迷惑もいっぱい被って、
でも、完全に断ち切ってしまえない、そんな人です。

今は、受け入れたり、手助けする気持ちはあるよ、
という意思表示をして、そっと見守ろうと思っています。
jtstj | 2011年09月15日(木) 16:11 | URL | コメント編集

ごめん、ごめん。
また、私のはやとちりで・・・


大学の友達ですか、それもまたハヤトチリでしょうか。


まあ、いずれにしろ心配な人がいるのですね。
バッチ | 2011年09月19日(月) 17:23 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

はやとちりは、バッチさんの得意技。
それがなくなったら、バッチさんらしくありません。

心配な人が居るのです。

心配しかできないから、心配しよう、と開き直っています。
jtstj | 2011年09月20日(火) 15:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/611-8e065782

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |