2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011'09.26 (Mon)

良くも悪くも事態は動く

大方の予想に反して、母は自分の口で食べることができるようになりました。
アイスクリーム、プリンに始まり、重湯、5分がゆ。
退院し、施設に戻れることになりました。

他のいろいろなことは手放してしまっても、
食べるということは、生きることに直結していること。
そう簡単には失わないのだ。
本能。
そういえば赤ちゃんだって、離乳食が始まれば、誰に教わらなくたって
もぐもぐと口を動かし、飲み込むし、と改めて思う。


日々のいろいろな出来事は、一か所にとどまってはいてくれない。
良くも悪くも動いて行く。
それがどこへたどり着くのか、人知の及ぶところではない。
母のこと、身内のあれこれ、息子たちのことだって、
会社の行く末だって、みんな同じ。
思い通りになることも、ならいことも、みんな同じ。
心配、憂い、喜びや希望、いろんな感情を道連れにして、
なるようになっていく。動いて行く。

それならば、せめて日常を同じように積み重ね、
無理してでも、自分のための時間や楽しみも大切にしなければ、と思う。
私の残り時間だって、有限なのだから。
24時間真面目にどっぷりと格闘したところで、
たどり着く先を思いのままにすることなど、できないのだから。

・・・このへんの割り切りが、今までの私には足りなかったな、と思う。

今を大切に。
母が、ボジョレーの頃まで元気でいてくれたら、
一緒にワインを楽しもう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:28  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>母は自分の口で食べることができるようになりました


これが、大事なことで、自分で食べられるかどうかで今後の回復度が違うようですよ。
噛むことによって能にも刺激は行くし、嚥下機能が衰えなくてすむし、栄養もとれるそうです。



妹のお姑さんも施設に入っていて、妹が1回/週に行くと
 「◎◎さーん!」
と言って手を振り、ハグをするそうです。
自分の息子が行っても
 「◎◎さんは忙しいの?」
 「◎◎さんによろしくね」
と、妹のことしか関心がないそうです。
まだらに認知がはいっていますが。




>なるようになっていく。動いて行く。


そうですよ。
じんじを尽くして天命を待つ
そこまでしなくても、なるようになりますよ。




>日常を同じように積み重ね、


そうですよ、これですよ。
家庭・仕事を切り盛りするものとしては、平和な日常が積み重なってくれ、それが続いていけば「良し!」と思います。
バッチ | 2011年09月27日(火) 10:32 | URL | コメント編集

★Re: バツチさんへ

食べる、ということは命を支える大切な行為だけれど、
楽しみでもありますよね。
母には、生きるために食べる、ということにプラスして、
少しでも、楽しむという食事も提供できれば、とも思っているのです。
ボジョレーくらいしか、今は思いつかないのだけれど・・・

人事を尽くして天命を待つ、というより、
今日一日頑張ったのだから、もうオシマイ。
一日の苦労は一日にて足れり、という心境に近いかな。

だから、思い煩わずに、自分の時間も少しは大切にしていたい、
とそんな気持ちです。
jtstj | 2011年09月27日(火) 11:48 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/619-032f7607

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |