FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2011'10.09 (Sun)

アフリカから生存確認

三男がめずらしい本をパラパラ眺めていた。

アフリカ経済論、アフリカと政治、
なぜ貧困はなくならないのか--開発経済学入門。
そのほかにも何冊か持って家の中をウロウロ。

長男の部屋から勝手に持ちだしたのだろうか?
後でおおごとにならなければいいけど。

どうしてそんな本を持ち歩いているのか、三男に聞いてみたら
長男からメールが来たのだとか。
ページを指定して、iPhoneでとりこみ、メール送付して欲しいのだそうな。

9月20日に出発してから、約20日。
無事に到着した、の連絡ひとつしてこない息子。
自分の頼みごとは三男にしてくる。
どういう了見なのだろう。

私を、徹底的に避け、無視を決めこんでいるようで、なんだか悲しい。
でも、黙って様子を見ていた。

三男は、いろいろ試みたけようだけれど、
結局50メガ以上のデータがいくつにもなり、
メール添付で送信なんてできない、と言いだし、私にSOS。
急ぎのものを私がスキャンし、サイトにアップした。
で、アクセスできるように、長男のメールアドレスを聞いたのだが、
三男は自分が長男に連絡するのだ、と言い張って頑なに教えてくれない。

ここで私はブチ切れた。

三男君、君にアクセス権をメール送信するから、
そこからデータを全部ダウンロードして、
ドロップボックスにアップするでも、
宅ふぁいる便を使うでも、好きにしなさい。
君に送ったアクセス権は人に転送したって使えないのだよ。
そんなことできたら、誰でもアクセスできちゃうじゃないか。
そこまで母に関わって欲しくないという長男の意向があるなら、
最初に母に言いなさい。今後かかわらないから。
残りの本や資料は自分でやって下さい。
君たちの態度は許し難いし、母は悲しいです。

そう三男にメールした。

まもなく、三男から返信メール。

そんな意図はありません。
変な態度でごめんなさい。
後の物もできないから、やって下さい。ごめんなさい。
という言葉と共に長男のメールアドレスが書かれていた。

・・・とりあえず急ぎのものだけは長男に送信したけれど・・・
残りの物はどうする、私よ?

三男がごめんなさい、なんて言ったのは初めて。
でも長男は、一体どう考えているのだろうか。

夫にもそう言ったら、またいつもの通り、
子どもたちに対するそういうネガティブ発言聞きたくない、
言ったって解決しない。知りたければ直接息子に聞くなり
解決の道筋を考えるべきだ、と言われた。

そうよね。子どものことはあなたにとっては他人事。
かかわらない人には摩擦も何もないのよね。

もう二度と話すもんか。言った自分がバカだった。


長男はアフリカにたどり着き、いつも通り仕事して、
本を読んで食べて寝て、生きている。
それが判明しただけでも良いではないか。

そう思うことにしよう。

夫は早朝登山に出かけていった。

明日はゴルフなのだけれど、なんだか気が晴れない。
100%、私の気持ちは理解できないだろう。

夫と楽しくラウンドするの・・・なかなか難しい。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

09:12  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

はじめまして…お気に入りに登録しました。
kenji | 2011年10月10日(月) 13:32 | URL | コメント編集

★Re: タイトルなし

> はじめまして…お気に入りに登録しました。

ありがとうございます。
jtstj | 2011年10月10日(月) 17:55 | URL | コメント編集

>ページを指定して、iPhoneでとりこみ、メール送付して欲し>いのだそうな。

わー、ハイレベルな操作ですね。
10年前には考えられないことですね。
一気にアフリカまでデータがとんで本が見られるなんて。




>ドロップボックスにアップするでも、
>宅ふぁいる便を使うでも、好きにしなさい



ウチからみると何だか近未来的な会話ですね。
バッチ | 2011年10月14日(金) 13:05 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

近未来的な会話って、大げさです。

宅ファイル便は、大容量の図面データなどを送信するのに
使っているようです。(社員が)

ドロッブボックスは、無料で利用できる、クラウド領域の中に
自分の容量を確保できるところのようです。
そこにデータをあげておけば、どこからでもアクセスさえすれば
見ることができる。

これも教えてもらったばかりですが、息子たちや社員のみんなは
うまく利用しているようです。

ハイレベル・・・世間からみると相当な立ち遅れのような気がします。
jtstj | 2011年10月15日(土) 09:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/625-8bda7dd2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |