2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011'11.13 (Sun)

大学・進路選択

私は建設会社で仕事をしているけれど、建築を学んではいません。
大学は夫と同じ。でも、薬学部。薬剤師なのです。

この進学先は、私の生家の家業が影響して、
親と自分の希望が食い違い、さんざん大モメ。
バトルの末に、本当に何の希望も無く、
そんなに行けっていうなら、行ってやる。
みたいな投げやりな気持ちで進学したのでした。

何のために、私はここに居るのだろうか?
在学中、ずっと心のどこかにくすぶっていた私の想いです。
人は死ぬものなのに、取るに足らない様な時間をながらえるために
こんな膨大な労力を費やして研究することに、何か意味があるのだろうか・・・
みたいな超生意気なことを言い、
何しにここに来た?
とも言われていました。
それなりに適応し、学生生活は過ごしていても、明確な答えはなかったのです。
別世界に連れて行ってくれる山登りに夢中になれたのも、
そんな気持ちが根底にあったからかもしれません。

私は、息子たちには絶対に、何があっても、
希望する進路を選択してほしいと思っていました。
これだけは、ゆずれない。私の悲願。
口が裂けても、建築学科に進学したら、
とか我が社の跡取りはどうするの、
なんてことは、言いたくなかったのです。
これは、夫も同じ気持ち。
実際、息子たちに会社の後継についての話は一度もしてきませんでした。

さて、過日、息子たちと会社のこれからについて話す機会がありました。
全く予想外だったのですが、息子たちは、
僕らは会社に入れてもらえない。
家業にかかわっちゃいけないのかと思っていた。
と言ったことでした。
触れないが故に、禁止だと思っていたとは。

そんなことは無いけれど、君たちだって会社に入りたいとは言わなかったよね。
と尋ねてみたら、ハナから除外して考えていたのだとか。
こういう話しは、高校生の時に聴きたかった、という息子。

会社の後継問題と息子たちの進路を絡めて考えるつもりは今も全く無いけれど、
私の希望とは裏腹に、意図せず、
彼らの進路選択に大きな制限を設けてしまっていたとは。皮肉なものだ。

でも、将来にこの道がどのようにつながっているのか、
それは誰にもわからない。
今のこの時の意味は、長い年月を経なければわからないこともある。
私は、大学時代に夫に出会い、結婚し、君たちの母になった。
あの時間がなかったら、君たちには会えなかったのだ。
無意味な時間は無い、のだと思う。

足かせも制限も無いのだから、改めて、将来を考えてもらいたい。
もう遅い、なんてことも無い、と母は確信しているから。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:01  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★ご無沙汰しています

ご無沙汰です。お元気でしたか?
元気ですよね
登山をしたり、アクティブにしている様子目に浮かびます。
ご子息も随分大人になられた様子
いいですね。

近況報告です。
サロンを広尾にオープンしましたので
こちらに来るときは、ぜひいらしてください。

詳細は、ブログにUPしています。
では! 寒さに負けずに、頑張りましょう。
misa | 2011年11月13日(日) 12:19 | URL | コメント編集

★Re: ご無沙汰しています

私もご無沙汰しておりました。

ブログも拝見させていただきました。
ご成功をお祈りします。
・・というか、きつとmisaさんなら成功させていくのでしょうね。

お互いに健康に注意しながら頑張りましょう。
jtstj | 2011年11月13日(日) 12:47 | URL | コメント編集

>バトルの末に、本当に何の希望も無く、
>そんなに行けっていうなら、行ってやる。
>みたいな投げやりな気持ちで進学したのでした。


それで、薬学部に受かり卒業したのだからすごいですよ。
たいしたものだ。



学生は世間を知らずナマイキなものですよ。
私も
  「そんなこと言ったの?!」
というような発言は数々あります。



暗黙の誤った了解ってありますよね。



まあ、高校の時に話していなくても興味をもっていたらその道に進んでいましたよ。


バッチ | 2011年11月15日(火) 10:42 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

> それで、薬学部に受かり卒業したのだからすごいですよ。
> たいしたものだ。

こんなふうに言ってくれるのは、バッチさんだけです。
親は、娘の学部は山岳部・・・と言ってましたから。
私もそうだと思ってました。

暗黙の誤った了解。
そうかもしれませんね。

将来はどのように展開していくのか、誰にもわかりませんものね。
jtstj | 2011年11月15日(火) 10:54 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/645-87cebf2f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |