2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'01.17 (Tue)

母の近況覚書

施設に入ってまる5年が過ぎ、6回目の新年を迎えた母。
最近は、訪ねて行っても、眠っていることが多くなってきました。
足腰が弱り、移動は車いすか、両手を支えて、何歩か歩く程度。
認知症もずいぶん進んでしまいました。
最近は、小学校か女学校時代に戻っているようで、
私のことを先生、と呼んだり、又ある時は、知らない人。誰?
なんて言い、不安そうな顔をします。
異物を口にしてしまうこともあるようで、
細々とした生活用品は、全て施設の管理になりました。
体重も減ってしまい、遂に40キロ切り。
今は毎食、エネルギーゼリーを食べて、カロリーを補っています。
それでも、レクリエーションへは、施設の方が参加させて下さり
入浴はとても気分よさそうにうっとりしているとか。

あのまま家に居たら、母の寿命はとうに尽きていた、と思われます。
手厚い介護、健康管理、栄養管理があったからこそ。
施設の方には本当に良くしていただいていると思います。

私は週末、母に会いに出かけるのが、このごろ少し気が重い。
喜んでくれるよりも、知らない人、と不安がられるか、
眠っている姿ばかりだからなのかもしれない。

一緒に美味しいものを食べることも、
一緒にテレビを見て楽しむことも、もうできない。

ただ、ただ母の顔を見てくるか、
とんちんかんな会話(?)もどきにあやふやに相づちをうつだけ。

母の心の中は一体どうなっているのだろう。


今考えていること。

母が元気で桜の頃を迎えられたら、
車いすで近くの公園にお花見に行こう、ということ。

実現できますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:36  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>施設に入ってまる5年が過ぎ、6回目の新年を迎えた母。




もう、そんなに経つのですね。




>最近は、訪ねて行っても、眠っていることが多くなってきました


これが自然な流れなのですね。
病気なので苦しむことなく静かに時を過ごしていく。




>最近は、小学校か女学校時代に戻っているようで



今までの自分の人生を思い出しているのですね。
バッチ | 2012年01月20日(金) 15:50 | URL | コメント編集

★Re: タイトルなし

もうそんなになるのです。
自分も年をとっているのですから、
母もまた、ますます衰えるのは当たり前。

でも、やっぱりちょっと淋しいものがあります。

母として、娘として、一人の女性、人として
お互いに話し合ったり、喧嘩したり、笑いあったりすることは
もうできません。

生きながら、母という人とお別れしている気持ちです。
jtstj | 2012年01月21日(土) 09:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/680-4c57cf87

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |