FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2012'01.26 (Thu)

父親の悲哀・子どもの恋愛

単身赴任中の友人。
久しぶりに東京の自宅に帰ったら、
見知らぬ若い男性がリラックスした風情で居たそうな。
双方、死ぬほどビックリ。
聞けば、娘さんの交際相手だったとか。

それからの時間、修羅場、だったのでしょう。
お察し申し上げます。

娘さんとは半同棲みたいなことになっていて、
知らぬは父親の自分だけ。
母親まで娘たちと結託して、自分だけが蚊帳の外。
彼の嘆きは続きます。
大切に、大切に、愛しんで育てて来たのを私は知っています。
彼の気持ちも、良~くわかります。
似たような話や嘆きを耳にすることもままあるのです。

勘当ものだけど、もう、制御不能だ。
きちんと結婚すればいいのにな。

そして最後は、
自分たちできちんと生計をたてて、
人に迷惑かけずにやってくれて、
二人が幸せならそれでいいんだけどさ。とも。
でも、ああいう知らされ方、淋しいものだな。
とつぶやいていました。

でも、自分たちだって、さんざん親を悲しませ、心配させて、
能天気のアホだったね、とも話しました。

大昔、山に出かけるとしばらくは音信不通たった私に
母が、人気の無い山中を何日も男の人と泊まり歩いて、
何しに大学に行ったの、と本気で嘆く姿を、
シラッとバカにして眺めていた自分を思い出しました。

しかし、今回のこととは話しが違います。
息子たちにも親の気持ち、意向くらいは伝えておきたい、と思いました。
順不同、何でもOKには大いに抵抗がある私なのです。

で、ちょっと聞いてみた。
どんな貞操観念持ってるの? と。

はぁ~?
なんて爆笑されて、死語。
と言われてしまいました。

死語か。
息子たち、どんな恋愛をするのでしょうか。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:00  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

今晩はv-22

うーん あたしは笑えない。
うちの息子も同じようにいうかもしれないけど・・。
きっといいますね。

貞操観念って やっぱり大切な気がするけど・・。
子どもに前 言ったら 結婚する相手が
処女っていう確率ほとんどないんじゃないと・・。
まあ それはそうかも まあ それはともかくとして
二股とか三股とか・・やっぱり嫌だし。

妊娠も病気も怖い^^;

知り合いの知り合い 娘さんが大学生でお父さんに
処女じゃないからって言って お父さん嘆いていた。
もう一人なんて お父さんが医師で 
娘さんの妊娠しらなくて 子宮外妊娠で
大騒ぎで 結局 子供ができない体に。
お父さんは激怒して 相手と結婚させたけど
二人とも相手をそう好きでもないそうで・・続くのかしら?

子どもの同級生はもう 三回も下の病にかかってる^^;
男子で 凄いハンサムだけど あまりに軽いv-12

古いかもしれないけど なし崩しとか嫌だなと思う。
ちゃんと付き合って 将来考えるならまだしも
遊びなら 家とか連れてくるのはどうなのかしら。

まあ 子供の人生だから 好きにすればいいんだけど
好き勝手にして 子供ができたらどうするのかと
それが一番 心配です。

あたしは娘いないからわからないけど
自分の家に彼氏を住まわせて半同棲とかいう御嬢さんは
嫌だなあ・・。今風なのかな。
お母さんも不思議だと思うのですが・・。
娘さんと彼氏は もう結婚するから半同棲なのでしょうかね?
でも 人の家ですよね^^;
うーん・・わからない。
800びくに | 2012年01月26日(木) 18:21 | URL | コメント編集

★Re: 800びくにさんへ

息子たちがどんな感覚でいるのか、まるでつかめないです。

800びくにさんのお話といい、私の見聞きした話といい、
親子の間のギャップはすごく感じています。
最近は、親の意向は伝えるけれど、決めるのは本人なのだから、
親は祈りつつ見守るしかないのかな、なんて思うことが多いです。
でも、親ってせつないですね。

彼の奥様もいろいろ、苦渋の判断があったのだろうと思います。
本当に糸の切れた凧みたいに飛んでってしまうのは避けたかったんだろうな。
とボソッと彼も言っていました。

子どもって、大きくなればなったで、心配ごとって尽きないのですね。
jtstj | 2012年01月27日(金) 10:02 | URL | コメント編集

>双方、死ぬほどビックリ


ドラマにありそうな光景ですね。




>母親まで娘たちと結託して、自分だけが蚊帳の外。



本当にこれは寂しいですね。
こちらのショックも大きいですよね。




>貞操観念



確かにこれは死語で、少し前の小説にしか出てこないかもしれませんね。

今は色々な病気があるから、相手の過去の人全員とおつきあいするつもりでいないとね。
うちは、男女とも子供にそこのところ考えておくようにと言ってあります。
バッチ | 2012年01月28日(土) 14:03 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

ドラマにありそうな光景だけれど、
これが現実だ、というのが、怖いです。

父親よりも母親の方が、子どもたちには近い、
ということなのだとおもうけれど、
突然のことに、どれほどショックだったことか。

彼は、まだ痛みを引きずっているように思います。


私は、見守る辛さ、というのを感じています。
親は本当にたいへんです。

お互い、もうひと頑張りですね。
jtstj | 2012年01月29日(日) 16:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/684-a9783b00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |