FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2012'02.27 (Mon)

小中学生の留年 息子だったら

小中学生でも一定レベルの学力が身についていなければ留年。
こんな制度のことが取りざたされている。

学力は、親の経済力によるそうだ。
一般的には低所得家庭の子どもほど、学力も低いのだとか。
そうしたら、留年する子というのは、やっぱり経済弱者の家庭の子どもが
多くなってしまうのではないだろうか。

教育制度を充実してほしい。
教員の数を増員して欲しい。
先生方の負担は相当なもの。
一人一人の子どもとじっくり向き合って、
それぞれの子どもに応じて、きちんと指導できる態勢を確保して欲しい。

義務教育である以上、留年なんていう制度を口にするより、
そちらが先だと心底思う。
国民には、子どもたちには、塾にお金をかけなくたって、
わかるまで教えてもらえる権利があると思うのだ。

コスト削減とか、費用対効果とか、お金のことを言いだせば、
それが全ての大義名分みたいになってしまうけれど、
教育は会社経営では無いのだし、次世代を担う子供たちに
せめてもう少し豊かな教育環境を提供できないものだろうか。

子どもはどこでどのように成長するかわからない。
小学生時代に学力不足で留年などという烙印を押されたら、
我が家の息子たちは、どうなってしまっただろう。

いや、息子じゃなくたって、もし私の子ども時代にそんな制度があったら・・・・

本気で、留年制度なんて無くて良かったと思ってしまう。


子どもたちの受難の時代。

教育を受ける権利、そして子どもたちを守りたい。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:52  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>一般的には低所得家庭の子どもほど、学力も低いのだとか


昔からそんな傾向にあったように思います。
親の関心がどのくらい教育にあるかにもよると思います。



確かに基礎的学力が低ければ、社会に出てから困ったり、損をしたりすることはあると思います。
けれど、けれど人それぞれ生き方は違い、基礎学力が劣っているからと言って自立できないわけではありません。



小・中学生で留年して必要以上に自信を無くさせてしまうことが怖いです。
自信を無くさせることによって、人間を無気力、無力にしてしまいます。
先々、自殺への道を作ってしまいます。
特に高校までは学校で学ぶことは勉強だけではなく、集団生活の仕方、人間性を豊かにする方法なども学ぶ時期です。


それぞれ、得意不得意があって当然ですが、基礎学力が身につかなかったら何年も留年させるのでしょうかね。



小さく精神力がついていない時期に留年の心配をしなければならないなんて、本当に心のゆとりがなくなってしまいますね。



小さいころから失敗したらそんな人生しか残っていなかったら、将来に希望がもてなくなってしまいますね。
私は小・中学校のときの留年には反対です。

基礎学力をつけるために補修をして身につけさせてあげることです。
それでも、子供によってはどうしても理解できないこともあります。
そうしたら、それはそれでいいじゃないですか。



私たちが小・中学校の時に比べて、わかってきたことが多くなり、勉強内容は増えていると思います。
難しい内容も含まれています。



留年の心配は大学だけでいいですよね。
私は1年の有機化学・前期のみ落としていたので、3年の後期試験はかなり必死でした。
時間割で3年の後期しか授業をとれなかったと思います。
後期試験が終わったときは本当に熱を出して寝込みました。
バッチ | 2012年03月04日(日) 12:05 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

本当に、小中学校の留年なんてありえませんよね。

それにしても、我らが母校の留年。
私も含めて、いろいろなOBの方から、いまだに、(とっくに
還暦を過ぎたような方たちです)
単位が足りなくて留年する夢とか、追試の申し込みの期日の夢とかを
見ることがある、と聞きます。

恐るべし、です。

あと、私の場合、スキーの練習をしていて、板を履いたまま寝ている夢を
良く見ます。たいてい、寝返りが打てなくて、もがいておりました。
余談です。
jtstj | 2012年03月05日(月) 16:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/703-c0402265

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |