FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2012'03.02 (Fri)

夫の誕生日

今日、3月2日は夫の誕生日です。

今朝の食卓で、息子たちからもお祝いの言葉がありました。

でも、よりによって本日、
夫は大腸の定期検査の日にあたっていました。
何年かに1度なのに、まあ、間の悪い。

でも、さきほど、全て異常なし。
無罪放免でルンルンしながら帰ってきました。
検査前は、お野菜が食べられなかったので、
今夜は山盛り野菜でお祝いしようと思っています。

還暦がグッと近づいた感がある今年の誕生日。

息子たちはエッ、けっこう年とってるんだ、とか
会社で定年になったらどうするの?
などと、父親の年齢について、何故だかびっくりしたような感じでした。
親が年をとることなど、意識の中になかったのかもしれません。

あなたたちがこんなに大きくなるのだから、
父も母も年をとるのは当たり前。この現実を意識するのは、
息子たちにとっては良いタイミングだったのかもしれません。

でも、彼らには、遠慮なく私たち二人の元から羽ばたいて、
大海原を泳いで欲しいと思っています。
父も母も大丈夫。だからしっかり苦労をしておいで。
そんなふうに言ってあげたい。

そのためにも、私たちは元気でいること。
そしていつの日にか、一人になってしまったとしても、
しっかりやっていけるだけの、精神的な、経済的な、
いろいろな準備もしなければ。

そんなことを思った、今年の夫の誕生日です。

おめでとうございます。
産まれてくれて、有難う。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:39  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ぎりぎりセーフでひな祭りの日ではなかったのですね。



>親が年をとることなど、意識の中になかったのかもしれませ>ん


私も長い間親は元気なものと思っていました。


>そしていつの日にか、一人になってしまったとしても、
>しっかりやっていけるだけの、精神的な、経済的な、
>いろいろな準備もしなければ



そうですよ。
そして、年のとり方を子供達に伝えていきましょう。



昨日、生協に買い物に行き、キッチンハイターを「ようやく忘れずに買った。」と気分よく帰ってきました。
娘に
「なんでまだ家に沢山残っているのに買うの?」
と言われたのですが、2,3週(週1回しかお店に行かないので)
忘れていたのでようやくこれで補充できると得意になっていました。



家に帰って棚を見たら、ないのはクレンザーでハイターではありませんでした。
トホホ。
頭も若くしていたいですね。




80前後の老夫婦、奥さんの受診に夫婦でよく来るのですが、二人とも少し認知症の傾向があり、薬を飲んだ飲まないでよくけんかになるそうです。
5日分の薬が2,3日でなくなっていました。
バッチ | 2012年03月08日(木) 11:26 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

自分の記憶力が衰えたこと、思い込み、思い違いなどが多くなったこと、
さらには注意力や反射神経なども、衰えてるな~と日々実感しています。

こんなことしちゃって、自分で自分が怖い、みたいなこともあり、
これが年をとるということか、と一抹の寂しさとともに、覚悟もしなければ、
と思っています。

薬は・・・ワンドーズにしてもダメですかね。
なかなか困難がありますね。
jtstj | 2012年03月08日(木) 17:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/706-cf2d433e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |