2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'03.05 (Mon)

友からのメール・宗教の勧誘

知人からのメールに、息子さんが、
しつこく宗教に勧誘されて困惑している、と書かれていた。
キリスト教の洗礼を受け、教会にも席を置く息子さんが、
改宗せよ、と迫られていて、自宅にまで説得に来るそうなのだ。
顔見知りの人だったり、ご近所の人だったり、強硬に断絶しにくい状況が
ずるずると付き合いを長引かせることになってしまったのだろうか。

友人は、冷静だった。
神というのは、自分と神、一対一の問題ということ。
その教団に入れば、横のつながりができ、
いつでも社会に自分の居場所が確保され、
生活の指針や生きる目標も明確になり(明確にされ?)、
気持ちは楽になるのかもしれない。造反しない限りは。
ひとつひとつ悩んだり考えたりしなくても、
レールが敷かれ目標が示されているのだから。
しかし私は毎日毎日、ひとつひとつ、
考えながら答えを探しながら生きていきたい。
そう思っていることを告げたのだそうだ。
言葉にするとこれだけ、になるのだけれど、いったい友はどれほどの
真心を傾けて、全身全霊で話しをしたのだろうか、と想う。
彼女の真意は伝わったのだろうか。

話し合いの後、息子さんの意思も確認し、
きっぱりと断りを入れたのだそうだ。
でも、かなりのしつこさで、このまま終わりになるとも思えないし、
とても心配だ、と結んでありました。

息子たちが、自分の信じる宗教とか、イデオロギーなどと
全く異なるものを、信奉する、と宣告したら、
私だったらどうするだろうか?

長男が大学に入学した時、注意喚起のプリントがあったのを思い出した。
キャンパスのシンボル的な建物や門の前で学生の写真を撮影し、
それを宣伝活動に利用されること。また重点的に勧誘する
ターゲットの学校にされてしまっていることなどが書かれていたっけ。
カルト、マルチ商法、洗脳。
私はけっこう呑気に考えていた。
信じるという行為は理詰め、理屈で理解してから信じる、
というものではなくて、信じるか否かだから、
長男のように、理屈、理論で物事を捉える人間は納得できない限り、
そういうものに入ることは無いのではないかと。

でも、今回、それだけで片付くような単純な話しではないのだな、
と思い到りました。理屈を越えた何かを見せつけられれば、
いとも簡単に、のめり込むこともあるのでしょう。

思想信条の自由とは言っても、私だったら息子たちに有無を言わさず
否定する暴挙に出たかもしれないけれど、
意思確認をしたという友の冷静さ。

心から、私もその息子さんと、友のために祈ろう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:03  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

一つの宗教を信じない私にとっては、ぞっとするような話で他人事とは思えません。
のめり込んでいる人を見ると、その人は幸せそうですけれど、
他から見ると、狭い世界に入ってしまったようだと感じます。
自分の家族が勧誘されていたら、私は、すごくあせると思います。その友人は、すごく冷静で敬服します。
とろろ | 2012年03月06日(火) 07:21 | URL | コメント編集

★とろろ様へ

友人の冷静さが、功を奏して、息子さんが
きっぱり断絶、という方向でしっかりとしてくれたら、
と願わずにはいられません。

小さなつまずきや、心の隙間を見透かしたように近づいてくる
いろいろな勧誘。若者の、純情、純粋でやわらかな心は
御しやすいのでしょう。

とにかく、おかしなことにならないように、と願っています。
jtstj | 2012年03月06日(火) 09:41 | URL | コメント編集

しつこく勧誘してしつけるのはもう宗教ではないですよね。

カルトの領域に入り洗脳ですよ。



宗教は信じ同意して自分から入っていくものですよね。



本当に純粋な人ほど洗脳されてしまいますよね。



理論的であってそうでないことを見抜くのは色々な経験が必要になりますね。
一部理屈に合うことをいつの間にか全体にすり替えたり、過去の真実と現在の状態は同じでないのに同じであるように錯覚させたり。
あいまいな日本語をうまくつかって素直な人を引き込んでしまう。



冷静な母親の心を息子さんはきっと理解していますよ。
バッチ | 2012年03月11日(日) 20:48 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

カルトといえば、そうかもしれない。
きわどい宗教団体、というのは、私たちが想像している以上に
存在しているのかもしれませんね。

友人は、冷静に、いろいろな教義のあいまいさや、
うまくできていて、そこを利用して勧誘していると思われる
など、息子さんに丁寧に話したようです。

理解してくれていると思います。でも、油断禁物でもありますね。
jtstj | 2012年03月12日(月) 09:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/707-2160eca7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |