2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'06.14 (Thu)

国立劇場 小劇場

昨日、国立の小劇場へ、日本舞踊を見に行きました。

008kokuritu.jpg

高校時代の友人、Aさんが踊ったのです。

舞台に立つと、彼女は別人に変身します。
国立の舞台に立てるというのは、本当にすごいこと。
彼女は舞踊家なのだ、と見せていただくたびに感じています。

009koku2.jpg

昨日の舞台では、大和楽という女性の唄で
琴の音色もとても美しい調べにのって、
楽しげに軽やかに舞っていました。
地方さんには人間国宝の方もいらしたそうです。
どうりで・・・耳でも、目でも楽しませてもらいました。
011aa.jpg

最後の鷺娘も堪能してから、
何人かの友人たちと、花束や楽屋見舞を持って楽屋へ。
以前は中から行けたのですが、この頃は
外をぐるっと回って楽屋口へ行くようです。

衣装のままだったら写真を撮りたいな、と思っていたのですが、
すでにいつものAさんに戻っておりました。

このギャップ。
でもAさんだけではありません。
私も、舞台を集中して見ている間は、美しい別世界に。
短時間だったけれど、とてもリフレッシュすることができました。

有難うございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:20  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>国立の舞台に立てるというのは、本当にすごいこと。



ほんとですね。


そして、日本の文化を守っていただいて感謝したいくらいです。
なかな、続けるのは大変なことですよね。


日舞をやる人が少ないですから。
彼女はどんなきっかけで日舞を始めたのでしょうか?
バッチ | 2012年06月16日(土) 15:20 | URL | コメント編集

★Re: バツチさんへ

彼女のお母さまも日舞を習っていました。

何年か前に、彼女とお母さまと、彼女のお譲さん、
3代で一緒に舞台で踊ったのを見せてもらったことがありました。
素晴らしい親孝行、おばあちゃん孝行だったと思いました。

続けるのは、本当にたいへんというか精進という言葉しか浮かびません。
彼女の取り組みにはいつも感嘆しています。
jtstj | 2012年06月17日(日) 18:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/762-52c894de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |